出会いのチャンスが少ない社会人にとって、職場恋愛は見逃せない選択肢のひとつです。

とはいえ、職場恋愛はどういったタイミングで始まるのか、疑問に感じることもあるでしょう。

今回は、職場恋愛の経験者の人に、「職場恋愛が始まりやすいタイミング」を聞いてみました。

職場恋愛に興味がある人は、参考にしてくださいね。

経験者が語る「職場恋愛が始まりやすいタイミング」

興味のある男性のことを話しているとき

「取引先との忘年会でかっこいい人を見つけたので、隣にいた同い年の女性社員さんに、『あの人、かっこいいですよね』と話したんです。

すると、それを聞いていた向かいの席の男性が、そのかっこいい人の同期だったみたいで。

お開きの後、『僕のこと褒めていただいたみたいで。僕も、かわいい人だなって思ってたんですよ』なんて言われちゃいました」(24歳・女性・会社員)

自分の発言は、いつどこで誰が聞いているかわかりません。

思わぬところで人がつながって、好印象を与える結果になることも。

「いいな」と思う人がいるなら、まわりの誰かに話してみることがおすすめです。

大きな仕事が終わったとき

「会社で大きなプロジェクトがあり、さまざまなピンチを乗り越えて無事に終了。

終わった後の打ち上げの飲み会で、気になっていた男性に声をかけました。

仕事中もとてもかっこよかったから『あのときかっこよかったです!』と話すと、『○○さんのサポートがあったからだよ!』と、すごく上機嫌で話に乗ってくれて。

この会話をきっかけに、1ヶ月後から付き合うことになりました」(26歳・女性・会社員)

大変な仕事を協力してやり遂げたときは、心も近くなっていることが多いもの。

職場以外でも、なにかを一緒にやり遂げた後に気になる人がいるなら、声をかけてみましょう。

もしかしたら、ささいなきっかけから素敵な関係に発展するかもしれません。

お世話好きな人に相談したとき

「職場に世話好きな先輩がいて、日頃からよくみんなのことを気にかけていたんです。

ある日、その先輩と残業になったので、最近彼氏と別れたことを打ち明けました。

親身になって話を聞いてくれましたし、そのあと、別の部署に男性を紹介してくれたんです」(29歳・女性・会社員)

親身になって、他の人のことを気にかける人っていますよね。

ちょっと優しそうな人がいるなら、思い切って彼氏が欲しいことを話題にしてみてください。

想定外の出会いにつながるきっかけが生まれるかもしれませんよ。

積極性を出すことがポイント

仕事は人と人とのつながりなので、思わぬところに出会いのチャンスが転がっていることもあります。

積極的に「恋をしたい気持ち」をアピールして、つながれるチャンスを作りましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)