この2021年下半期、あなたの運気がグンと上がるとしたら、残りの半年も楽しく過ごせますよね。

ヤル気は自分の心のなかにあるもの。

自分自身の未来に明るい兆しが持てれば、今日から激変する可能性も!

そこで今回は、観相学のうち「手」から「2021年下半期に総合運が最高な手相」をご紹介いたします。

手でわかる!2021年下半期に総合運が最高な手相はコレ!

感情線の上部に「太陽線」

感情線の上部に「太陽線」が出ている

【運勢の盛り上がりを活かせる】

感情線の上部に刻まれている短い「太陽線」は、あなたの持つ地道な努力や技術などが、これから認められていくことを表します。

急速に運気が開けるようなハデさはないですが、今まで通りの努力をキープし続ければ、2021年下半期は周囲から確実に評価されるでしょう。

もしこの線が短くても、真っ直ぐで「障害線」が出ていなければ、運気はドンドン上昇中。

下に長く伸びるほど大成できるはずです。

「太陽線」の先端が「フォーク状」

「太陽線」の先端が「フォーク状」

【そう遠くない未来に成功の兆しが】

太陽線から出る上向きの支線は、長さに関係なくこれから幸運に恵まれることを意味しています。

とくに、先端がフォークのような形の場合は、近い未来に才能を見込まれて成功したり、周囲から認められ地位が上がったりする暗示です。

また、周囲から好感を持たれるため、有力者の推薦もあるかもしれません。

2021年下半期は誠実さを持って、努力を続けていきましょう。

必ず誰かが見てくれているはず。

生命線と「木星丘」から2本の線

生命線と「木星丘」から2本の線が出ている

【知性を活かしてチャンスをつかむ】

生命線から分かれて出る線と、人差し指下部の「木星丘」から伸びる線の2つの知能線「二重知能線」を持っている人は2021年下半期、成功する可能性大!

上の線は独立心と物事を把握する力を意味し、下の線は注意力の高さと気配りができる力を表します。

この相の持ち主は頭の回転が速いので、周囲から頼られる存在となるでしょう。

謙虚な気持ちを持ち続ければ、順調に成功へ向かっていけるはず。

知能線から上向きの細かい線

知能線から上向きの細かい線が数本出ている

【今こそ積極的に!チャンスは目前】

知能線から上に向かって細かい線が数本出ているのは、気持ちが前向きになっていることの表れです。

仕事や恋愛、人間関係などあらゆることにポジティブになっており、周囲からの好感度も高いはず。

2021年下半期がまさにチャンスなので、思い切って動いていきましょう。

あなたのなかに、眠っている運が活きてくるはず。

ただし、細かい線が下向きだったり、線の先端が鳥の羽のように毛羽立った形になったりするのは、注意が必要な手相です。

神経機能が衰えているのかもしれません。

努力する人は運勢が上がる?

近い未来に成功する人は、「今」未来に向けて目標を掲げ努力をしているところがあります。

たとえ花開かないとしても、ひとつひとつの経験から学んでいけるものはとても多いはず。

その積み重ねが、結果として大きな成果に繋がっていくのです。

なりふり構わず「今、現在」に集中するシーズンがあっても、良いのかもしれませんね。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)