あなたは出会いの場や、気になる彼とのデートでよくされる質問に対して、なんと答えていますか?

たとえば、「料理はするの?」「趣味は?」など……。

正直に答えるのはもちろん素敵ですが、さらに好感度がアップする答え方もあるよう。

今回は、「男性に質問された際の上手な返し方」を6つご紹介します。

好感度アップ!「男性に質問されたときの上手な返し方」6つ

「趣味はある?」

趣味は自分のことを知ってもらうには大事ですよね。

無難な旅行、スポーツなど定番な趣味は言っても大丈夫ですが、もしあなたがオタク過ぎる趣味を持っているなら、初対面では一旦控えて様子を見た方がいいかもしれないですね。

「料理はするの?」

男性の大半が、本命に家庭的な女性を選びがち。

その重要な要素の1つが料理ですよね。

本当にする人はそのまま答えればいいですが、しない人でも、ここはアピールしたほうがよさそうです。

ただ嘘をついてまで「得意」と言ってしまうと良心が痛むので、ここは「料理することは好きだけど、今は勉強中なんです」くらいにしておけばいいでしょう。

「芸能人だと誰が好き?」

これも趣味と一緒で、正解は一般的にかっこいい雰囲気のある芸能人でしょう。

仮にそうではない人が好きでも、正直に言わない方がいいです。

もしそんな人に気に入られたら、「俺ってイケてないの?」とショックを受けてしまうかもしれません。

「美容は気を遣ってるの?」

これも正直に、「ほとんどなにもやっていないよ」と言わないほうがいいでしょう。

影の努力をあまり見せたくないという気持ちもわかるんですが、やっぱり、男性はいつまでも身なりに気を遣ってほしいのが本音のよう。

正解は、「スキンケアくらいは、しっかりやってるよ」と答えるのがいいかもしれません。

「仕事は忙しいの?」

「すごく忙しい」これはよくなさそうです。

男性からすると、今後誘いづらくなる可能性も。

正解は「忙しいけど、早めに予定教えてくれたら時間はとれるよ」くらいがいいでしょう。

逆に「俺のために時間を割いてくれること」にテンションがあがるようです。

「お酒を飲んだらどうなるの?」

「すぐ寝ちゃう」は不正解かも。

男性も若干なりとも下心はあるもの。

そんなすぐ寝ちゃうタイプとお酒を飲んで楽しいとは、思わないでしょう。

正解は「楽しくなる」とか、もっと効果的なのは、「友達から色っぽくなるって言われる、自分では思ってないけど」なんだとか。

自分で「色っぽくなる」と言っちゃうと単なる下品な印象でリスキー。

周りが言ってるというところがミソですね。

返し方ひとつで好感度アップ!

言葉ってほんと、難しいですよね。

だから、使い方によっては好感度をアップする武器にもなるでしょう。

(愛カツ編集部)