「彼のことは好きだけど、じつはそもそもキスすることが好きじゃない」という人って、いませんか。

事情があるのかもしれないし、キスというものに対して何となく抵抗があるのかもしれません。

しかし男性からすると、やはり好きな女性とはキスしたいもの。

大好きなあなたから、「わたしキスするの好きじゃないから、ごめんね!」と言われてしまうと、とてもやるせなくなってしまうでしょう。

そんな「キスしたくない女性」は男性と付き合えるのでしょうか。

女性と男性の気持ちをあわせて、紹介していきます。

キスしたくないという心理

心理学的には、キスしたくないと感じる人は「キスと快楽が結びついていない」のだとか。

たとえば、潔癖症を自称していても快楽は本能的欲求。なので、ある程度の快楽があれば潔癖という部分を簡単に越えることが多いそうです。

そのため、生理的にキスが無理という人は、そもそも他人と深い繋がりを持つことが苦手だと判断できます。

このような人たちは、誰かと信頼関係を築くことに時間をかけてしまう傾向があるので、キスを好きになるのは簡単ではないようです。

もし、「あたしはなんでキスが苦手なんだろう?」と悩んでいるなら、一日や二日でどうにかなるモノではないと割り切って考えましょう。

好きな人と存分に唇を合わせられる日はいずれくると信じて、まずは自分を否定せず焦らないことが大事です。

男性の本音は?

キスしたくないという女性を好きになった男性は、当然ですが、ショックを感じるそうです。

「ホントは嫌われてるんじゃないか」「キスしたいのに我慢しなきゃいけないってつらすぎる」「キスできないなら、そのあとのこともできないんじゃないか」など、疑問や不満が募ってしまうんだとか。

恋人同士はキスをするもの、という考えの人が多いと思います。

また、それが重要な愛情表現と一般的には認識されていることが多いですから、「キスしたくない」という発言で妙な誤解が生まれるケースがあるかもしれません。

ふたりの関係が落ち着いてきて本心を明かせるようになったとしても、言い方や言うタイミングは注意したほうがよさそうです。

彼が我慢しているなら

彼が我慢しているなら

あなたが無理してキスを好きになる必要はないのですが、もし付き合っている彼があきらかに我慢して辛い思いをしているのなら、歩み寄ることも重要です。

「私はキスをしたくない」と言って彼がすんなり受け入れるならいいですけど、本当はキスしたいと我慢しているだけなら彼の気持ちを汲んであげるのも大事なことでしょう。

なかなかすぐにキスが好きになるということはないと思います。「私はキス嫌いな人だから」と自分で決めつけて変わろうとしないのではなく、キスが好きになれるかもしれないと思いながら、相手とお付き合いできるとよいかも。

何かをきっかけに、キスを好きになれるかもしれません。

それにお互いがキスをし合うことで、心がかよったり気持ちが通じ合ったりすることもあります。

無理せず自分自身や相手と相談しながら、自分を変えていってみてください。

あなたを受け入れてくれる男性はいる

熟年夫婦は愛が冷めてキスをしなくなるなんて話をよく聞きますが、唇を合わせる行為はやっぱり「相手をどれだけ愛しているか」をとてもわかりやすく示すものだとも考えられます。

何かしらの事情があってキスを嫌っているとしても、克服できるならしたほうがよいでしょう。

克服できたなら、自分の愛情表現の幅が広がって好きな人との関係性にも変化が出てくるに違いありません。

言葉で伝わらないことでもキスひとつで伝わる、という場合だってあるのです。

今はキスしたくないかもしれません。それを受け入れてくれる男性も必ずいます。

それでも、好きになった彼のためには、ちょっぴり自分を変えてみることも重要です。

(愛カツ編集部)