「気になる彼からあまり連絡がこない……」と不安になったことはありませんか?

じつは男性は好きだからLINEする、好きじゃないからしない、という単純な思考ではないようです。

そこで今回は、本当はあなたのことが気になっているのに、「LINEを送ってこない男性の本音」について解説していきます。

じつは脈アリ?LINEを送ってこない男性の本音とは

LINEをする用事がない

「好きな女の子にLINEするって言ったって、用がなくないですか?

いや、あるといえばあるんだけど、それはもう『飯行かない?』とかデートの誘いでしかないので、いきなり送ったら引かれるでしょ?」(25歳・男性)

この場合は、男性にもLINEしたい気持ちがあるにもかかわらず、「用もないのにLINEして『だからなに?』って思われたら……」とためらっている可能性が。

ただの脈ナシとの見分け方は、「〇〇がテレビに出てるよ!」など、あなたの関心事に対する「お知らせLINE」や「地震大きかったね、大丈夫?」などの「心配LINE」が来るかどうかでしょう。

きっかけさえあれば嬉々としてLINEが来るようなら、脈アリのことが多いです。

そもそもLINEが苦手

「そもそも、LINE自体があんまり得意じゃないんですよ。みんなが使ってるから、連絡先を交換したい子に対しては『LINE教えて』って言うしかないけど。

『この前はありがとう!』と送ったって、そのあとどうやって話を広げればいいのか……。女性からしたら『聞くだけ聞いてなんでLINEしてこないの?』って感じですよね」(27歳・男性)

みんなが使っているからといって、全員LINEが好きで得意なわけではありませんよね。

ただでさえ送る内容に迷うのに、未読・既読も見られている……。

「それしかないから使うけど、苦手」という男性だって多いです。

ただの脈ナシとの見分け方は「あなたから送れば比較的早く返信があり、ていねいに返事が書かれていること」。

自発的に送ってこない彼も、好きな子のLINEには頑張って内容を拾い、ていねいに返す……ということが多いようですよ。

女性の口グセを真似したり、同じ絵文字やスタンプを使うことで親近感をアピールするのも、このタイプの男性の好意が現れる部分でしょう。

他のことを優先してしまう

「LINEする気はあるんだけど、忙しいので『そろそろLINEしなきゃな』なんて思いながら何日も過ぎてることも多いです。

女性は半日経ったら「返事が遅い」と思うだろうけど、僕は精一杯頑張っても「半日以内に返せれば上出来」なんですよ。平日は時間の体感が違うなあ」(33歳・男性)

放っておけば何日も放置されるのは、「脈ナシなことも多い」のは事実。

でも、仕事第一!な男性はLINEの返信も遅れがちに。

単なる脈ナシとの見分け方は「明らかに暇な時間に送れば、すぐ返信が来る」かどうか。「昼間のLINEは夜中じゃないと返ってこないけど、通勤時間の『おはよう!』ならすぐ返信が来る」ようなケースですね。

好きな子からならそのままLINEのやり取りが続けばうれしいから、返せる時間ならすぐ返す、というのは忙しい男性あるあるみたいです。

脈ありサインを見逃さないで

彼からLINEがガンガン来て、好意的な内容ばかり……。

そんなわかりやすいものだけが、脈ありサインではなさそうです。

めったに自分からLINEをしてこない男性も、ひそかにあなたへ好意を寄せているかもしれませんね。

男性のサインを見逃さないよう、トークに注意を払ってみてください。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)