「彼との付き合いは長いのに、結婚の話がぜんぜん出てこない」と悩む女性の皆さんも、少なくはないでしょう。

自分ばかりが結婚を意識して、相手がまったく意識していないなんてことも嫌ですもんね。

そこで今回紹介するのは、「彼女に対して男性が結婚を意識した瞬間」です。

実際に男性が、どんなときに結婚を意識したのかというエピソードをまじえて紹介します。

ずっといっしょにいたい!彼女に対して男性が結婚を意識した瞬間3選

あふれる母性を感じたとき

「義理の甥っ子たちと楽しそうに遊ぶ姿や、知り合いの子どもを上手にあやす姿をみて、将頼自分たちの子どもができたらこんな感じなのかなと思わず想像してしまった。子どもが好きな女性はやっぱり素敵だと思う」(28歳/販売)

子どもといっしょに過ごしている様子を見て、優しい声かけや仕草に母性を感じる男性もいるようです。

「自分の子どもにもいっぱい愛情を注いでくれそう」と、家族が増えたときのイメージを膨らませるきっかけになることも。

彼といっしょに過ごしているときに子どもと関わる機会があれば、積極的に子どもと遊んでみるのがおすすめです。

あなたから母性を感じてくれれば、結婚を意識してくれるかもしれません。

疲れを見せずに家事をしてくれる彼女を見たとき

「同棲中の彼女が、お互い仕事で忙しいときも、疲れているのに文句ひとつ言わず楽しそうに料理をつくってくれた。その姿を見て、将来いい奥さんになりそうだなと思った」(25歳/メーカー勤務)

仕事で家に帰る時間が遅くなったとき、疲れているなかで家事をするのは大変なこと。

そんなときにも嫌な顔をせず快く家事をしてくれる家庭的な姿に、ぐっとくる男性は多いようです。

家庭を持てば毎日の家事、仕事、子育てなどたくさんのことをいっしょに取り組んでいかなければなりません。

大変な状況でも家事をそつなくこなすことのできる家庭的な女性は、将来の姿を想像しやすいと男性から高評価の様子。

めんどくさい……と感じるときも、家庭的な姿を見せるチャンスと捉えてみるのも一つの手かもしれません。

自分を認めてくれるかけがえのない存在だと気づいたとき

自分を認めてくれるかけがえのない存在だと気づいたとき

「夢をあきらめたくないと、30歳手前で仕事を辞めたいと彼女に相談したんです。正直、見放されてもしょうがないと思ったけど、僕を信じると言ってくれた。結婚願望はあまりなかったけど、その瞬間この人以外に結婚は考えられないなと思った」(31歳/自営業)

ありのままの自分を受け入れてくれる女性に、男性は弱いもの。

「自分を認めてくれて信じてくれる、かけがえのない存在」が側にいると、男性は自分に自信が持てるようになります。

一生懸命出した決断を応援してあげられるような懐の深い女性は「この先も手放したくない!」と彼から思ってもらえる存在になるでしょう。

彼の考えが自分の価値観と違った場合はつい否定したくなるものですが、まずは相手を信じて共感することが重要なことなのかもしれません。

ちょっとした言動でも、相手が結婚を考えるきっかけに

今回は、男性が結婚を意識したきっかけについて紹介しました。

結婚に消極的な男性でも、ちょっとした言動が結婚を考えるきっかけになることもあるようですね。

家庭的な姿や、母親らしさ、懐の深さを感じたときなど、結婚を意識するきっかけは人それぞれ。

彼氏からのプロポーズを待っている、そんな人は是非参考にしてみてくださいね。

(愛カツ編集部)