男性との会話のなかで、かなり赤裸々な話題を振ってきたとき、どう感じますか?

失礼、恥ずかしい、答えたくないな……。

でももしかしたら、あなたに好意を抱いて話している可能性もあるよう。

今回は、「赤裸々な話題を振ってくる男性の心理」についてご紹介します。

これって脈アリ?赤裸々な話題を振ってくる男性の心理とは

ただのノリで話している

男性が赤裸々な内容を話す場合は、その場のノリで話しているというパターンが最も多いもの。

とくに、お酒が入っているときやみんなで盛り上がっているときなどには、テンションや勢いで言うことも。

別にそこに深い意味合いもないので、変に勘ぐったりする必要もないでしょう。

ただ、そこで一緒になってあなたも話に乗ると、異性としては見てもらえなくなる危険性もあります。

気になる男性の前ではやらないほうがいいでしょう。

武勇伝として話している

男性は自分のことを少しでも大きく見せようとして、「武勇伝」を語ったりする人も多いです。

仕事がデキる、昔は悪かった、そして昔はモテたなどのアピールが典型的で、モテた自慢として話しているケースもあります。

これまでの女性との経験に関しての話をするのは、それだけモテる男だということも伝えたいのかも。

あまり過激な内容でないのなら、あなたのことを異性として意識しているからこそのアピールの可能性もありますよ。

相手に下心を抱いている

男性は、下心を抱いている女性に対して、過激な話をする場合もあります。

女性の反応を見ていたり、自分のペースに持ち込もうとしていたりするのでしょう。

交際人数や今までの経験などを聞いてくるのなら、「イケそうかどうか」を見極めていたりするのかも。

こういった質問に女性がうかつに答えてしまうのはロクなことがないので、サラッと流したり話を変えたりして避けるのがベストですよ。

好きだからこそ聞いている

好きな相手のことは、男性だってなんでも知りたいと感じるものです。

ちょっと赤裸々な質問や過去の経験を聞いてきたりするのは、そういった思いが働いているケースもあります。

下心丸出しといった感じではなく、普通に会話をするような雰囲気で探ってきたりするのなら、それは好意からくる行動なのかも。

あなたもその気がある男性の場合は、恥じらいながらも過激にならない程度に答えてあげられるといいでしょう。

相手の振る舞いで見極めて

赤裸々な話の内容や言い方などによっても、男性の心理は読み取れるものではあるでしょう。

あまりにも生々しい話をしてくるような場合は、あなたを本命相手としては見ていないかもしれませんね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)