物事に対する価値観や考え方があまりにも違う人とは、誰だって「合わないな」と感じてしまうものです。

相手からそう感じられてしまったら、関係性の発展も見込めません。気になる男性にはそんな風に思われないように、注意しましょう。

そこで今回は「男性が『女性との価値観の違い』を感じる瞬間」を紹介します。

ウソでしょ…男性が「女性との価値観の違い」を感じる瞬間

時間にルーズなとき

「時間にだらしない女性だけは絶対に許せないですね。たとえ好意を持っていたとしても、すぐに嫌いになってしまうと思います」(30歳男性/公務員)

時間に対する捉え方が大きく違っている人とは、いっしょにいてもイライラすることが多いでしょう。

平然と遅刻をする、時間がないときでも急ぐそぶりがない、ムダに非効率な行動をする。

こういった感じであまりにもマイペースすぎると、相手にうんざりされてしまう可能性はかなり高いですよ。

ライフスタイルが合わないとき

「生活習慣みたいなものが合わないと、結局お互いにしっくりこない気がします。なので付き合ったとしても、長続きはできないでしょうね」(28歳男性/出版)

朝型か夜型か、アウトドア派かインドア派かなど、ライフスタイルの傾向が合わない……。

こんなふたりだと、そもそもいっしょに行動をすること自体が難しいかもしれません。

生活リズムやスタイルがうまく噛み合わないときには、きちんと話し合ってお互いが少しずつ歩みよる姿勢を見せることが一番の解決法になりますよ。

相手の行動ががさつなとき

相手の行動ががさつなとき

「会社にかわいいなと思う後輩の女の子がいるけど、ものすごくがさつで整理整とんもまったくできない子なので、どうしても恋愛対象には見られないです」(32歳男性/通信関連)

だらしなかったり清潔感に欠けたりする女性に対して、男性はがっかりしてしまうもの。

「いいな」と思っていたとしても、一気にその気持ちが冷めてしまう瞬間でもあるでしょう。

とくにキチッとして几帳面な性格の男性は、がさつな女性に対して価値観の違いを大きく感じやすいです。

乱雑な言動を取りすぎると、相手があなたに嫌悪感を抱くことになりますよ。

恋愛観が異なるとき

「恋愛に対する考え方が全然違うと、その時点で恋愛対象としては見られなくなります。この子は無理だなって、心のなかで思ってしまいます」(27歳男性/WEBデザイナー)

恋愛観が異なると感じる女性のことは、男性は恋愛対象としては見ることができません。

連絡の頻度、会う回数、浮気だと感じる境界線、結婚願望の有無や度合いなどは大事なポイントでしょう。

付き合う前にそういった部分を少しずつでも見極めておかないと、いつまでもいっしょにいられるような恋愛をするのは難しくなりそうです。

ちょうどよいバランスを意識して

価値観がいっしょじゃないとダメなわけではないですし、違いを受け入れることも大切です。

とはいえあまりにも違いすぎたり合わないと思われたりすると、恋愛対象からは外されてしまいかねません。

ちょうどよいバランスを、意識しましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)