緊急事態宣言が解除され、やっと彼に会える!と喜んでいる人も多いのでは?

久しぶりのデートは嬉しいですよね。

でも、実際彼女に会うと「こんなんだったっけ……」と感じてしまう男性も多いよう。

今回は、「自粛明けに彼女と会って残念だったこと」についてご紹介します。

男性の本音!自粛明けに彼女と会って残念だったこと

遅刻グセがなおらない

「久々のデートに彼女が遅刻。そういえば自粛中のオンラインデートでも遅刻してたよな……。

21時と決めて、PCの前で待ってるのに彼女が現れず。楽しみにしてたと言うならちゃんと来てくれればいいのに」(25歳/男性)

会えない期間はなんとなく目をつむっていた欠点を、久しぶりに顔を合わせた瞬間に思い出したという人も。

遅刻など、以前から彼に指摘されていた点がある人は、久々のデートの最初だけでも悪いクセを封印する気合が必要そうです。

久々に会ったらすねられた

「久しぶりにデートしたら彼女が不機嫌で、『こんなに長く会えないとは思わなかった』と言われました。

彼女の友達カップルは普通に遊んでたらしく、僕らが会わなかったのは『会う気がないから』と思ってたと……。自粛に対する理解がなかったようです」(28歳/男性)

順調にお付き合いしている人でも『こんなに長く会えない経験はなかった』という声を多く聞きます。

この男性は、「みんなで協力して早く今の状態を終わらせたい」と思っていたのに、彼女は友達に「何ヶ月も会わないのはおかしい、浮気じゃない?」と言われ、彼を疑っていたそう。

一部の自己中な人を見ると、がっかりします。

でも、その不満を彼氏にぶつけると、待っているのは破局かもしれませんよ。

危機感がない

「『メイクが崩れるから』とマスクなしで来たり、わざわざ人込みに行くようなデートばかり希望する。

気持ちはわかるけど、自分の欲求ばかり。『ちょっと危機感なさすぎじゃない?』と言ったら『うるさい』ってケンカになりました」(23歳/男性)

自粛期間中も、カップル間の衛生への意識の違いでケンカになる人も多かったようです。

慎重派の男性は、自粛が終わっても「すぐに前と同じ生活をするのは無理」と考えています。

「自粛生活と一緒にウイルスも消えた」的行動は、彼らの目には自己中に見えてしまうのかも……。

埋め合わせのプレゼントをねだる

「彼女にネックレスをねだられました。『会えないのを我慢してたんだから』って……。

仕事の都合とか会えない原因があるならわかるけど、今回のことはそうじゃない。なんだと思ってるんだ?」(27歳/男性)

大好きな彼にずっと会えず、寂しい気持ちになるのはわかります。

でも、その埋め合わせを彼に求めるのは、「ちょっと違うのでは?」と思われる可能性も。

会わずにいることを彼が提案してきたとしても、コロナによる自粛に関しては、会えなかったことは彼のせいではありませんよね。

甘えのつもりでも、「図々しい」とイラっとされることでしょう。

会えないのは彼のせいじゃない

気の緩みか、甘えか、会えない期間のイライラを彼にぶつけてしまった女性は、がっかりされてしまうよう。

たとえ彼が「会うのを控えよう」と提案したとしても、会えなかったのは彼のせいではありませんよね。

常識的で辛抱強い彼氏を大切にしたいものです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)