世間には「モテの定説」と言われているようなテクニックがありますが、それを好まない男性も一定数いるようです。

媚びたりせず自分をさらけ出している姿に、好感を覚えるんだとか。

今回は、意外と男性に好かれる「女性の飲み会での言動」について解説していきます。

男勝りなところも好印象?意外と男性に好かれる「女性の飲み会での言動」

男っぽい注文

「飲みに行くと、おしゃれなカクテルではなく、まずビール、次は焼酎の水割り……。つまみは『エイヒレで! マヨネーズ大盛りで!』みたいな女性って、大好きです」(25歳・通信)

人って、自分に似ている人を、つい愛しちゃう傾向にあるみたいですね。

一緒にいて疲れないところも、ひとつのポイントかもしれません。

トイレが早い

「飲み会で男性と一緒にトイレに行って、男性よりも先にご帰還なさる女性がいますが、あれは『カッケー』と思います」(26歳・広告)

男性よりも男っぽい女性に惹かれる男性もいるんだとか。

次の人のことを考えて、サッとトイレを出られる女性は、好印象なようです。

酔っぱらうとフラフラになる

「酔っ払い過ぎたら女性はモテないなんて言われているようですが、ぼくは酔っ払った女性こそかわいいと思います。

酔うとフラフラになっちゃう女性とか、かわいいじゃないですか」(28歳・IT)

酔っぱらいの介抱ほど、めんどうなことはないと世間ではよく言われているようですが……。

女性が酔っ払うのと、男性が酔っ払うのとでは、また意味が違ってくるのかもしれません。

それにしても「酔っ払い過ぎたら女性はモテない」という意見って、わりと一般的なのでしょうか?

社交辞令のお礼はしない

「飲み会のお礼メールをしてこない女性に好感を抱きます。だって、お礼メールってたいてい社交辞令で、別にもらってもうれしくないんですよね。

会社の廊下なんかですれ違ったときに『この前はどうも』くらいのお礼で十分です」(27歳・PR)

女性の社交辞令って、男性は意外と見抜いているものですし、好意を寄せている女性からの社交辞令メールほど哀しいものはないでしょう。

意外なところで印象アップ!

世間的に言われている「非モテなるもの」が、じつは男性ウケしているということがおわかりいただけたかのではないでしょうか。

それにしても、なにをしたらモテて、なにをしたら非モテになるというような「世間の暗黙の了解」って、どうやってできたのでしょうか?

不思議に思いませんか?

(ひとみしょう/ライター)

(愛カツ編集部)