不器用男子の愛情表現

誰だって人から褒められたらうれしいもの。とくに男性は、褒められたらすぐその気になってしまう人もたくさんいるでしょう。

でもいつも誰にでも同じようなことばかり褒めていると、褒められた人からは「それ本当に思ってるの?」と思われてしまうことがあるかも。

褒めるときに意識したほうがよいコツがわかっていれば……!

そこで今回紹介するのが「男性を褒めるときのポイント」です。次のぺージから、くわしく見ていきましょう。

単純だけど効果的!男性を褒めるときのポイントとは

具体的に褒める

「すごかったね」と言われた男性は素直に「ありがとう」と思うでしょう。

しかしそれが2回3回と続くと「本当に思ってる?」と疑いの気持ちが芽生えます。

理由は簡単、誰に対しても言える言葉だから。ですので、相手を褒めたいときは具体的に伝えたほうが気持ちはより伝わります。

「周りへの配慮ができていてすごいですね」といったように、どこを褒めたいのかを言葉にしてあげてください。

「頑張ったね」は注意して

男性に対して「頑張ったね」は、あまり褒め言葉になりません。

男性を褒めたつもりであることは理解できます。しかしそれを言われた男性は内心「ちょっと上から目線ぽいな」と感じてしまう場合もあるでしょう。

とくに、努力したけれど結果がよくなかった男性に対しては要注意。「君はよく努力した」という賛辞の言葉を「努力してもダメだったね」ととらえられてしまう可能性もあるからです。

言葉を選びながら、あなたの気持ちを伝えてあげてください。

相手のコンプレックスを褒める

相手のコンプレックスを褒める

上級テクニックとしてコンプレックスを褒めるというやり方があります。

たとえば、スポーツができそうもないような細身の男性にあえて「力がありそうですよね」と褒めるのです。

コンプレックスというものは多くの場合、劣等感を抱いている部分。本人が変わりたいと思っている箇所なのです。

そこを褒めることで、劣等感を優越感に変化させるわけです。言われた側は、自信に繋がるでしょう。

そして何より言われ慣れていない部分だからこそ、そこを褒めてくれた人もよい印象が残るわけです。

褒めすぎない

褒めすぎは危険です。いつも褒められていたら、段々と心に響かなくなっていきます。

言葉の重みがなくなり、挨拶と同じような感じになってしまうというわけです。何でもかんでも褒められたら、それこそ相手も嘘くさく感じることでしょう。

女性だってそれは同じ気持ちのはず。いつも「今日の髪型素敵だね」と言われ続けたら、「また同じこと言ってるよ」と溜め息を漏らしたくなりませんか。

頻度としては2~3回に1回の割合で、しっかりと褒めるのがよさそうです。

褒め方のコツは、一度つかめたら簡単

今回は男性を褒めるときのポイントを紹介しました。基本的に女性は過程を、男性は結果を褒めるべきだと言われています。

上司からの「仕事が早い」という褒め言葉。男性が好むのは「仕事が早くなったな。期待しているよ」という言葉で、能力の高さや成長を認めてほしいと感じています。

一方で女性が好むのは「こんなに仕事が早くなったなんて、大変だったんじゃないか?」という言葉で、努力や苦労を認めてほしいと感じています。

褒め方にはコツがいりますが、一度つかめたら簡単です。ぜひ実践してみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)