交際を始めたときはかわいい彼女だったのに、付き合ってから徐々に「重い」という面が出始めると、彼は彼女に対して幻滅します。

好きな気持ちが加速しすぎて、言動が重くなる女子は少なくありません。

しかし、彼に愛されたいのなら、程よく軽くて優しい彼女でいることが大切です。

今回は、軽くて優しい女になるコツを紹介します。

重い女にならないために!軽くて優しい女になる3つのコツ

LINEはさっぱりした内容にする

会っているときは彼に不満をぶちまけ、会っていないときはLINEで長々とやりとりをしてしまう。

相手がそんな人だと、誰だって萎えてしまいます。

軽くて優しい彼女を目指すのなら、会っているときは楽しい雰囲気を前面に出しつつ、会っていないときのLINEはさっぱり程度にしておきましょう。

彼の気を引きたいのなら、LINEはちょっと物足りないくらいがおすすめです。

LINEはあくまで連絡ツールであり、コミュニケーションツールではありません。

基本的には、直接の会話で話が続くようにすることが大切ですよ。

しっかりとした芯を持つ

軽いとはいっても、人の意見に簡単に流されるのはNGです。

簡単に流される人は、単に優柔不断な人になってしまいます。

柔軟性がある一方で、流されない芯の強さを持っている女性に、男性は惚れやすくなります。

芯が強い人は安心感があるし、簡単にはブレないので信頼もされやすいです。

柔軟性がなく、臨機応変な対応ができない女子は「重い」と思われやすいうえ、対応次第では「怖い」と思われてしまうことも。

流されるのではなく、自分の芯をしっかりと持つようにしてくださいね。

離れる姿勢を見せる

男性が夢中になりやすいのは、責めてきたりコントロールしたりする彼女よりも、離れていく彼女なのです。

彼の言動で嫌なことがあった場合、責めるよりも少し冷たい対応をしてみましょう。

そうすれば、彼は「他の男のところに行くかもしれない」と思って焦るうえに、あなたが嫌がることを直すように努力します。

逆に、責められたりコントロールしたりすると、「重いな……」と思われて彼のほうが離れていきます。

放っておいたらどこかに行ってしまうような、少しドライな雰囲気を持ってみましょう。

いつでも離れる姿勢を見せよう

彼に対してイラっとしたことがあっても、重い態度や怖い態度を取ることは避けましょう。

それよりも、離れていく彼女になったほうが得策です。

あなたを恋しく思わせる時間を作れるようにしてくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)