ぱっと見た感じは普通なのに、なぜか男性から「あの子いいよね」「一度でいいからデートしてみたい」など妙にモテる子っていますよね。

それは、男性への関わり方が上手かどうかの違いかもしれません。

思わず男性がお誘いしたくなる女性とのやり取りを聞いてみました。

なんであの子だけ?「誘わせ上手」な女性の特徴

相手に話させるのがうまい

「聞き上手な子は誘いやすいと思います。僕の話を楽しく聞いてくれるのが分かるから安心して誘えるというか。
自分が知らない話題でも、笑顔で『教えて』と言われるとついついもっと語りたくなっちゃいますね」(25歳/飲料メーカー勤務)

男性も「デートで上手に話せなかったらどうしよう」という悩みを抱えています。

そこで、いわゆる「聞き上手」な女性は、相手が楽しく語れる話題を振るのが上手なのです。

ちなみに相手が興味がある話題かどうかは、その話題になったときに相手の目がパッと輝いたり、表情が少しでも嬉しそうになるかどうかで分かります。

食いつきのいい話題があったら、どんどん掘り下げていくと相手は気持ちよく話せますよ。

「行ってみたい」を言葉に出すのがうまい

「デートに誘いやすい子って自分から『それ行きたい!』『やってみたい!』と会話に出してくれるんです。

だから、こっちも『じゃあ行く?』と振りやすいんですよね。断られるかもしれないと思うと、誘いづらいですから」(26歳/金融関係勤務)

誘わせ上手な女性は、自分からある程度『誘って!』とボールを投げている場合も少なくありません。

自分から直接的に誘わなくても、たとえばですが、彼の好きなラーメン屋の話題が出たとしたら、すかさず「食べてみたい!」と言えば「じゃあ今度行こう」という流れになりやすいもの。

すぐにリアクションするのも大事ですね。

付き合ったときの雰囲気を想像させるのがうまい

「モテる子って、男をドキドキさせるのがうまいんだと思います。
みんなで一緒にご飯を食べているときでも、それぞれ男性の飲みものの好みとか、食べものの好き嫌いを把握して、スッと避けてくれたりして。

そういう気遣いに『こんな子と付き合えたら幸せなんだろうなあ』と妄想しちゃうんですよね。
そこからデートに発展して、実際に付き合っちゃうのは多いかも」(29歳/アパレル関係勤務)

さりげない「特別扱い」って、されたらドキッとしますよね。

簡単な方法だと、世間話のなかで「一緒に旅したら楽しいだろうなあ」「一緒に登山にいったら絶対楽しいと思う」など……。

「付き合ったあとの体験を想像するような話題」を織り込むと、彼もいつの間にか「この子と付き合ってみたい」と意識してしまうようになりますよ。

断られなさそうな空気を出すことが大事

「どうせ俺なんて誘っても無理だろう」と男性に思わせてしまうと、それを乗り越えてまで誘う、根性のある人は相当少ないです。

そう思わせないためには、「私はあなたともっと話したいと思っている」「一緒に出かけたいと思っている」という気持ちを言動に出すことが効果的。

態度だけだと伝わらない場合もあるので、「教えて」「行きたい」など彼に興味があることは言葉にも出すようにすると、グッと相手は誘いやすくなりますよ。

(ライター/上岡史奈)

(愛カツ編集部)