好きな人が遊びなのか、それとも本気なのかわからないと、相手との関係に悩んでしまいますよね。

ストレートに「どう思っているの?」と聞ければいいのですが、そこまで関係が親しくない……。

そんな状態のときは、LINEで彼の気持ちを確かめられるかもしれません。

今回は、男性が遊び相手と本命相手に送るLINEのちがいをピックアップしてみました。

彼の気持ちを見極めるポイントとして参考にしながら、少しでもいい恋愛をするヒントにしてみてくださいね。

男性が「遊び相手」と「本命相手」に送るLINEのちがいはコレ!

1.相手を労わったLINEを送るかどうか

本命相手に送るLINEは、それだけ相手のことを考えた内容になっていることが多いもの。

「仕事中、ごめんね」「お疲れさま」などと、相手の行動を意識したLINEを送るのではないでしょうか。

しかし、遊び相手には、相手の都合はおかまいなし。

相手が仕事をしていようが、寝ていようが、気にせずLINEを送ってくるでしょう。

遊び相手は、あくまでも一過性の関係にしかない傾向があります。

だからこそ、LINEもあまり考えず、自分の都合で気ままに送るのでしょう。

本命相手のLINEはあなたを思いやる気持ちが強く、遊び相手へのLINEは自分勝手になりがちです。

2.相手への質問があるかどうか

好きな人と会えない時間は、LINEで距離を縮めようとする方も、なかにはいるでしょう。

それは男性も同じです。

男性も好きな人には、聞きたいことがたくさんあり、あれこれと質問したくなるもの。

しかし、遊び相手となると、興味があるのは「相手の見た目だけ」でしょう。

そのため、あなたのハマっていること、好き嫌い、趣味、仕事などには、あまり興味を示さない場合が多くなるるのです。

質問の有無は、興味の有無に比例します。

相手を想うほど、質問や発言もそれだけ真に迫ったものが多いですよ。

3.お気に入りのスタンプを使うかどうか

男性は、好きな人へのLINEは、自然と慎重になる傾向があります。

「相手にこんなことを送ったら悪いかも」「なんて送ったらいいかな」と悩むことがあるのです。

そのため、LINEスタンプひとつ取っても、本当に好きな人には送るスタンプを吟味するでしょう。

いっぽうで遊び相手となると、愛想よくLINEをする必要がないと考えるところが。

用件さえ済めばそれでおしまいと考え、わざわざLINEでじっくりと話をしないのではないでしょうか。

意中の彼があなたにお気に入りのスタンプを送ってきたり、気持ちに寄り添うメッセージをくれたりするなら、それは彼の本命サインですよ。

焦らず、彼との関係を見極めよう!

恋愛は少しずつ、相手との関係を作り上げていくものです。

いまは確信が持てなくても、これから本命相手になる可能性もあります。

ぜひ前向きに恋愛をしながら、好きな人といい関係を築いてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)