別れた元カレ・元カノのことがどうしても忘れられないときは、復縁を視野に入れるのも一つ。

ただし復縁は、付き合い始めよりも冷静に判断しなければなりません。

そこで今回は、復縁してもうまくいかないパターンをご紹介します。

しっかりと頭に入れて、復縁で傷つくことがないようにしましょう。

本当に大丈夫?復縁してもうまくいかないパターン4選

冷却期間が短い

別れてからあまり日数が経っていないと、少なからず未練があると思います。

でも、そこでやり直そうとするのは、未練や情が断ち切れずに流されてしまっているだけのこと。

一度別れたのなら、ある程度の冷却期間を置いて、冷静になって考える時間を設けることが大切です。

そのうえで本当に復縁したいと思うのなら、相手に真剣な気持ちを伝えてみてもいいでしょう。

何も解決していない

別れた原因が改善しないまま復縁をしても、また同じことで揉めるのは目に見えています。

もし、どうしてもやり直したいのなら、お互いに改善すべき点を改めなければ、復縁しても意味がありません。

別れてしまった原因を明確にし、関係をクリアにして、何も解決していない状態を防ぐことが大切です。

ただ寂しさを埋めたいだけ

ただ寂しさを埋めたいだけ

彼氏や彼女がいた人にとっては、恋人がいないと寂しい気持ちになることもあるでしょう。

ですが、その寂しさを埋めるためだけに、恋愛をするのはおすすめできません。

「好きだから付き合いたい」という大前提を飛ばしてしまうと、結局は後悔することになるからです。

寂しくて人肌恋しくなったときに、とりあえず元カレや元カノに連絡をするのは避けたほうがいいでしょう。

寂しさから復縁をしても、寂しさが薄れた途端に「やっぱり違うな」と思うはずですよ。

思い出を美化しすぎている

大好きだった人との恋愛を、いい思い出として心の中に残しておくのはステキなことですよね。

ただ、あまりにも思い出を美化しすぎたうえでの復縁は、少々危険度が高いでしょう。

ハードルを上げたまま復縁してしまうと、「こんなはずじゃなかった……」と以前よりも落胆するかもしれません。

もう一度考え直して!

別れてしまった恋人との思い出や寂しさが募ると、「復縁」が頭をよぎることがあるでしょう。

しかし、原因はあるにしろ一度は別れてしまった相手。

復縁したからといって、そう簡単に幸せな付き合い方ができるわけではありません。

過去ばかりを振り返るのではなく、前を向いて新しい出会いを見つけるのも大事なことです。

復縁を考える際は、冷静に判断することを忘れずに、後悔しない選択をしてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)