彼とは、付き合っていないのにまるで恋人かのような関係をつづけている。

そんな状態だと、彼はどういうつもりなのかと不安にもなるでしょう。

なぜそういった曖昧な状態のままでいるのか、男性の本心を知りたい気持ちだって芽生えるはずです。

そこで今回は、「付き合わずに『曖昧な関係』をつづける男性心理」を紹介します。

ただの遊びなの?付き合わずに「曖昧な関係」をつづける男性心理

「何も言われない」からやめない

「女性から何も言われなかったら、別にいまのままでもいいってことかなと思ってしまう。嫌なら拒絶してくる気がするので……」(27歳男性/映像制作)

曖昧な関係をつづけているのに女性側が何も言ってこなかったら、「このままでいいか」と思う男性もいるみたいです。

あなたが何も言わないままなら、そのままズルズルと都合のいい相手にされてしまう危険性も秘めています。

状況を変えたいという思いがあるのなら、きちんと言葉にして男性に伝えるようにするべきですよ。

「もう付き合っている」つもりでいる

「ずっといっしょにいると、もう付き合っているのと同じかなって思うのかも。ちゃんと告白をしていないだけという感じですね」(29歳男性/通信関連)

きちんと告白をしていなくても、付き合っているのも同然の状態であったら、すでに付き合っているものだと考える男性もいます。

べつに遊び相手として見ているなどというわけではなく、ただ言葉にして表していないだけというパターン。しかし女性としては不安が大きいでしょう。

「私たちってどういう関係なの?」と一度、面と向かって聞いてみるのもいいかもしれません。

「告白したい」という思いはある

「告白したい」という思いはある

「告白したいとは思っていても、なかなか踏ん切れない場合もあります。そういうときには、曖昧な状態がつづいてしまうかもしれません」(27歳男性/出版)

告白は、男性にとってもかなり大きな勇気が必要なもの。

「好き」という思いが強ければ強いほど「フラれたくない」という気持ちも強くなるので、そう簡単には踏み切れなくなります。

あなたのほうからも「好き」という思いをきちんと伝えて、告白がうまくいくという自信を与えてあげるようにしましょう。

ただの「体目当て」である

「都合のいい関係をつづけたいときには、曖昧なままにしておくかも。うまいこと言いのがれして、ごまかしたこともありましたね」(30歳男性/IT)

いつまでも曖昧な関係のままでいようとする男性は、体目当ての場合もあるかも。

だからこそ、はっきりしない状態なのに体の関係を持ってしまうことはよくありません。

勢いや流れだけに乗ってしまうと後悔することにもなりかねないので、そこはきちんと判断するようにしてくださいね。

関係性は、はっきりさせよう

いかなる理由があるにしろ、曖昧な関係をつづけていくのは、あまりいいことではないです。

ちゃんとお付き合いがしたいのなら、関係性をはっきりとさせるように話し合うことも必要でしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)