ちょっと気になる女性であっても、「無理そうだな」と感じたら、男性はアプローチしにくくなるもの。

そのままあきらめてしまう……というケースもあるでしょう。

そこで今回は、男性がアプローチしづらいと感じる女性の特徴をご紹介します。

無意識のうちにやってしまっていないか、ご自身の言動をよく振り返ってみてくださいね。

「隠れ非モテ」の原因かも?男性がアプローチしづらい女性の特徴4つ

1、断り方が冷たい・そっけない

いくら気になっている男性からのお誘いであっても、どうしても都合がつかない……ということもありますよね。

でも、そういったときに「上手な」断り方をしないと、男性は大きなダメージを受けてしまいます。

「忙しいので無理です」とそっけなく言ったり、「行けないです」と冷たく突き放したりするのは絶対にNG。

彼は心が折れて、もうあなたのことを誘えなくなってしまうかも……。

「本当は行きたい」という気持ちをきちんと伝えて、できれば「再来週なら大丈夫です」などと埋め合わせの提案もするのが◎

嫌で断っているわけではないということがきちんと伝われば、彼も「もう一回誘おう」と思ってくれるはずです!

2、「イケメン好き」を強調しすぎ

誰だってカッコイイ男性には好感を持つものですが、はっきりと「イケメン好き」を公言している女性には、男性としてはアプローチがしにくいもの……。

自分の顔に相当の自信がある人でないと、「俺じゃ無理だろうな……」と、身を引いてしまうでしょう。

「あの人カッコイイよね」なんて言う程度なら問題ないのですが、「イケメンじゃなきゃ無理!」と強く断言するのはNG。あまりいい印象を与えません。

「イケメン!イケメン!」と言いすぎると、恋のチャンスが遠ざかってしまうので、注意してくださいね。

3、自分から話しかけない

男性側から話しかければ話してくれるけれど、自分からはほとんど話しかけない……。

そういった女性に対して男性は、「俺にはあまり興味がないんだろうな」と感じるでしょう。

アプローチもしにくくなってしまいます。

恥ずかしいからといってずっと受け身のままでいたら、誤解が生まれてしまうかも。

緊張するのであれば、最初はあいさつ程度でもOKなので、とにかく「自分からも」声をかけることが大切です。

4、ほかの男性の影がちらつく

「ほかの男性の存在」を感じる女性には、なかなか声をかけてみようという気にはならないもの。

「彼氏がいるんだろうな」と考えて、その時点であきらめモードになってしまうでしょう。

また、ほかの男性の影がちらつくと、「遊んでいそう」という印象を持たれやすいので、彼女候補としては見てもらえなくなります。

いろんな男性の話をしたり、SNSでたくさんの男性とつながっていたりする人は要注意。

そういった言動は、気になる男性の前ではひかえておきましょう。

アプローチされやすい環境を整えて!

今回ご紹介したような言動を取る女性には、男性はなかなか強くアプローチできません。

それでは距離も一向に縮まらないまま……。いつのまにか、無自覚な「隠れ非モテ」女性になってしまうかも。

気になる男性の前では、こういった言動には注意してくださいね。

彼からアプローチしてもらえるように、女性側からも「環境」を整えていきましょう♡

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)