デートやLINEではいい感じだったはずなのに、なぜか男性からの連絡がこなくなる……そんな経験、ありませんか?

そんな人は、会話の「話題えらび」に失敗しているのかもしれません。

今回は、女性がよく話しがちだけど、男性的には全然楽しくないと思われている話題を、男性意見をまじえてご紹介します!

その話はもううんざり…男性が聞いていて全然楽しくないと思っている話題3つ

よくわからない職場の人間関係の話

「話の流れで仕事の話を聞いたら、仕事内容をひと通り話したあと『課長のMさんは指示だすのが本当に下手で、マネージャーのOさんも、それを見てみぬふりなの!』と、グチに突入。
会ったこともない人の悪口を延々と聞かされて、マジで退屈でした」(25歳/総合商社)

どんな仕事をしているかは、自分のことを知ってもらうためにも話しておきたい話題ですが、話しすぎには注意。

彼女でもない女性の職場の人間関係に興味がある男性は、少ないことを覚えておきましょう。

職場の話をするなら、仕事内容や、どんな経緯で入社したのかなど、主語が「私」の話題にとどめてくださいね。

自分が知らない芸能人の話

「初めてのデートで緊張していたので、無難に『芸能人だと誰が好き?』っていう話題を振ったのが失敗でした。
俺の知らない男性アイドル5人組の熱狂的なファンだったらしく、メンバーの魅力をひとしきり語ったあと、YouTubeでMVまで見せられて。
興味がなさすぎてリアクションに困りました」(24歳/保険会社)

出会って間もないころによく話題にのぼる、好きな芸能人の話。

いつもどんな風に答えていますか?

この質問の意図は、相手の好みや価値観を知ることであって、知らない芸能人の魅力を発見することではありません。

「あの俳優さん、俺も好き!」となるのが、理想の着地点。

彼が共感できそうな模範解答を用意しておくと、安心です。

聞いてもいない元カレの話

聞いてもいない元カレの話

「友だちからの紹介で初めて会った日に、『私の元カレは外資系企業に勤めてて、今はニューヨークに駐在してるの。転勤がきっかけで、私から別れようって言ったんだ~』と、聞いてもないのに元カレの自慢話をされたことがあって。
友だちには申し訳ないけど、この子とは二度と会いたくないって思いました」(26歳/出版会社)

男女間で慎重になった方がいい話題のひとつが、元恋人の話。

とくに、自慢ともとれるような話は「じゃあ、元カレと付き合えば?」と、脈なし判定されてしまいます。

まだ関係ができていない時点では、自分から元カレの話題を振るのは控えておいたほうがいいでしょう。

話題選びは、相手の立場で考えよう!

男性との会話となると、緊張したり、盛りあげようとがんばりすぎたりしてしまうこともありますよね。

そんなとき、難しく考えすぎる必要はありません。

「自分がこんな話をされたら、楽しいかな?」という観点でえらんでみてくださいね。

(愛カツ編集部)