好意を寄せている人とのデートは、緊張するけど楽しいものです。

自分のことを話したり、彼の話を聞いたり、いっしょに笑い合ったり……。思いがけない話題から盛り上がるなんてこともありますよね。

あなたが楽しいと思っているとき、彼はどう思っているのかも気になりませんか。

そこで今回は「男性がデート中に『この子とまた会いたいな』と思った瞬間」を紹介します。

男性がデート中に「この子とまた会いたいな」と思った瞬間3つ

好きな国が同じだったとき

「ハワイが好きで年に1回は必ず行くんですが、デート相手の子が『ハワイが好き』だとわかるとうれしくなります。あのハワイの空気感が好きっていう子は、絶対気が合いますもん」(32歳/広告)

好きな国ではなくても、好きな漫画家が同じ、好きなアーティストが同じなど、何かしら共通点があると「この子とは感性が似ていそうだな」と感じるもの。

そうすると男性も「また会いたいな」と、自然と思うみたいです。

嘘をついて合わせる必要はありませんが相手に興味を持ってどんどん質問していけば、共通点は見つかりやすいでしょう。

自分の仕事を褒めてくれたとき

「仕事でちょうど来月デンマーク出張に行くことになったという話をしたんです。すると『アンデルセンが好きでいつかデンマークに行ってみたいと思って調べていた』というその子にめちゃくちゃ羨ましがられたんです。

自分はあまり興味がない土地だったので正直面倒でしかなかったのですが、『出張でそんな国に行けるなんてすごい!カッコいい!』と褒め倒されて、いい気分になってしまいました。お土産買ってくる約束したのでまた会う予定です」(31歳/メーカー)

仕事に自信と誇りを持って働いている男性って素敵ですよね。

仕事のことを聞いて尊敬できるような部分が見つかったら、そこに注目して褒めるとまず悪い気はしないでしょう。

女性だって自分のことを認めてもらえたら嬉しいですよね。

ただしその話題にあわせて年収について詮索するのはNG。あくまでも仕事の内容や彼の取り組み方を褒めるのが効果的です。

笑顔で楽しそうに話を聞いてくれたとき

笑顔で楽しそうに話を聞いてくれたとき

「場を盛り上げようとしたときに、リアクションがいい子はまた会いたいと思います。笑ってくれる子がいいですね」(26歳/IT)

男性はデート中「ちゃんと楽しませてあげられてるかな」というプレッシャーを感じています。

なので、女性が笑顔で楽しそうに聞いてくれるだけで「この子とは気が合いそうだなあ」と感じて、ホッとするんですね。

話題が見つからなくても無理に探さず「なんか話さなくても落ち着きますね」とニコニコしておけば、思いのほか十分だったりするのです。

気軽に質問してみよう

自分に興味を持って聞いてくれる人や褒めてくれる人に対しては、悪い印象を持てないですよね。

彼から話を振られるのを待っているだけではなく、どんどん質問をしていけば「もっとこの話題を話してみたいな」というものが何かひとつくらいは見つかるはず。

好きなアーティストなど共通の話題が多ければ、「次は〇〇やってみましょうか」という話題にもつながりやすいですよね。

もし見つかりにくければ「おすすめの漫画教えて」などでもOKですよ。

気軽に質問していくことで話題が見つかると、「この子とまた会いたいなあ」となるはず。ぜひ、試してみてください。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)