自分の気持ちをストレートに表したり、伝えたい言葉は照れて言えなかったりする男性は多いものです。

そのため、女性からすると「ちょっとわかりにくいな」と思われるような愛情表現を、男性はしている場合があります。

そこで今回は、男性が見せる愛情表現を4つをご紹介します。

気づいてほしい!男性が見せる4つの愛情表現

先約があってもデートを優先

たとえば、一緒に食事をする約束をしたときに、先に決まっていた予定をずらしてまで、あなたとの食事を優先してくれる男性。

これは、彼があなたに対して好意を抱いている証拠です。

あなたとの約束をダメにしたくないという思いが強いからこそ、日程を変更せずなんとかしてその日に時間を作ろうと考えるのでしょう。

「何よりもあなたのことを最優先している」というのは、彼からの立派な愛情表現かもしれませんので、見逃さないようにしてくださいね。

かわいいワガママで甘える

「もう一軒だけ飲みに行こうよ」とか「今日は○○ちゃんの手料理が食べたいな」などといった、ちょっとした軽いワガママを言ってくるのは、男性の愛情表現のひとつでもあります。

まだどことなく距離感がある女性や、そんなに深い思いを抱いていない女性に対しては、気軽にワガママを言ったり甘えてみたりなどはできないものです。

ちゃんと心を許していて、信頼している相手だからこそ、素の自分が見せられるということなのでしょう。

ただし、軽いワガママではなく、自分のことしか考えていないような自己中心的な態度の場合は、逆にあなたに対しての愛情や思いやりが全くない危険性もあります。

そこはしっかりと見極めてくださいね。

ちょっとしたことも気づいてくれる

男性は好きな女性ができると、その女性に対して「心配」や「気づかい」をする気持ちが大きくなるもの。

「無事に帰れたかな?」「仕事は順調かな?」「変な男につきまとわれたりしていないかな?」などといった思いが、自然とわき起こるのです。

だからこそ、ちょっとしたことでも心配をしてくれるのであれば、それは好意の表れですし、愛情表現のひとつでもあるのでしょう。

ただ、「心配」ならいいですが、それを通り越して「束縛」や「干渉」をしてくる場合はただの重い男性なので、彼氏にするには大変な相手かもしれませんね。

あなたの趣味や好みを把握している

あなたの「好きなもの」や「好みのセンス」をちゃんと把握してくれているのは、それだけあなたのことを見てくれている証拠。

「これ好きだったよね」とか「こういうの好きでしょ?」なんて言ってくることが多いのであれば、「あなたのことをわかっているアピール」もしているのかも。

「これ、前にほしいって言ってたから」などと言ってプレゼントしてくれたなら、脈アリの可能性も相当高いでしょう。

興味がない女性の「好み」や「以前の発言」を細かく覚えている男性はまずいないので、そこには特別な気持ちがあると考えていいはずですよ。

彼が出している愛情表現に気づいてあげて

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、男性も自分なりに愛情表現をしているもの。

それにちゃんと気づいてあげることができると、ふたりの愛情も自然と深まっていくはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)