彼からフラれたけれど、本当はまだ好き……どうしてもあきらめきれず、元カレにアプローチする女性もいるでしょう。

でも元カレに接近するほどに、どんどん関係が悪化することもあります。

一度は好き同士だったのに、最後は憎み合って絶縁するなんて切なすぎますよね。

そこで今回は「次に進んだほうがいい脈なしサイン」をご紹介します。

彼との復縁は厳しいかも…次に進んだほうがいい脈なしサイン4つ

1.返信がこない

「元カノに未練はないタイプなので、LINEが来てもスルーします。しつこくされたら『何?』と冷たく返す程度にとどめる。もうやりとりが面倒くさいんですよね」(24歳/男性/接客)

まだ彼が好きだと、そっけない返信でもうれしくなるもの。

でも返信がこないor交際中とくらべて返信が減った(冷たくなった)のであれば、脈なしと捉えたほうがいいかも。

何度もLINEしてしまうと、そのうちブロックされるおそれがあります。

2.夜しか会いたがらない

「別れたけれどまだ彼が好きで、私からデートに誘いました。そしたら『じゃあ夜ならいいよ』と言われて。実際会ったらそういう関係になってしまいました。ズルズルしちゃって、あのときは余計に辛かったですね」(25歳/女性/IT)

元カノの好意を利用して、都合のいい女にしたがる男性も少なくありません。

でもこれだと傷ついているのに彼から離れられない、最悪の状況になってしまいます。

夜デートに誘われたらきちんと断ったほうが、彼も冷静になれるはずですよ。

3.平気でほかの女性の話をする

3、平気でほかの女性の話をする

「元カノから言い寄られたら、脈なしをアピールするためにほかの女子を褒めますね。もう気持ちがないことをわかってほしいんです」(29歳/男性/商社)

デリカシーがないだけじゃなく、あえて脈なしを理解してもらうために女性の話をする人もいます。

こう考えると一度別れを切り出したのに、復縁を望まれる男性も苦しいのかも……。

彼のためにも、ほかの恋に目を向けるべきなのかもしれません。

4.優しさがなくなる

「交際中は奢ってくれた彼から、別れたとたん『ここはお前が払えよ』と言われました。このとき『あぁもう昔にはもどれないんだな……』って実感しましたね」(27歳/女性/住宅)

こちらも女性の立場からすればヒドい男に見えますが、復縁する気がないのに優しい男性よりはいいのかもしれません。

「私が頑張れば、きっと昔の彼に戻ってくれる!」と思えば思うほど、彼からするとプレッシャーなのかも……。

「復縁脈なしサイン」はわかりやすい

交際前の見抜きにくいアプローチって多々ありますが、復縁の脈なしサインは第三者から見てもわかりやすいようです。

彼に尽くせば尽くすほど、いいように利用される可能性が高まるもの。

良い思い出として終わらせるためにも、涙を飲んで彼とは離れるべきなのかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)