どんなに鈍感な女性でも、なんとなく彼からの好意に気付くことってあるはず。

でも恥ずかしいからと受け身でいると、脈なしだと勘ちがいした彼がアプローチをやめてしまうかもしれません。

せっかくのチャンスをみずから棒に振るのはもったいないですよね。

そこで今回は「脈ありをムダにしないためにできること」をご紹介します。

交際前の女子必見!彼からの「脈あり」をムダにしないためにできること

1.自分からLINEを送る

まず1番簡単なのは、自分からLINEを送ること!

「いまなにしてるの?」「お仕事お疲れさま!」など、なんでもいいので連絡してみましょう。

またやりとりでは積極的に絵文字やスタンプを使って、彼とLINEができて楽しいことを伝えるといいでしょう。

一方通行な片思いではないとわかったら、彼もデートに誘うなど次の行動に出やすくなりますよ。

2.オーバーリアクションを意識する

「好き」など直接的な発言ができない交際前は、リアクションが重要になってきます。

それに彼もあなたがどんな反応をするか気になっているもの。

ふだんは大人しい女性も、デートのときだけはちょっぴりオーバーリアクションを意識してみましょう。

「おいしい!」「今日は楽しかった!」などのたった一言で、良好な関係をキープしやすくなりますよ。

3.褒められたら否定しない

3、褒められたら否定しない

褒められると恥ずかしくなって、つい否定していませんか?

あまりに全力で否定されると、男性は返答に困るもの。

彼もあなたを褒めづらくなり、どこか他人行儀になってしまうでしょう。

褒められたら否定せず、「ありがとうございます!そんなこと言ってもらえたのはじめてです~!」などと明るく返してみましょう。

また「○○さんもカッコいいじゃないですか!」と褒め返すのもアリ。

これなら誰も傷付かないし、彼もうれしいしメリットだらけですのでぜひ試してみてくださいね。

4.自己開示をする

恋愛において自分の話ばかりするのはマイナスと言われがちですが、相手が好意を持ってくれているなら話はべつ。

むしろ、かたくなに心を閉ざしつづけると「俺、この子に嫌われているんだな……」と男性も手ごたえがつかめません。

友だちや仕事、今日あった出来事など、適度に自己開示をしたほうが交際まで順調に進みやすいもの。

こちらも彼への質問を織り交ぜながら会話を楽しんでくださいね。

「あなたのこと、嫌いじゃないよ」と思わせよう!

恋愛上手な女子は「チャンス」を自分のものにします。

ムリに好き好きアピールはしなくても、最低限「あなたのこと、嫌いじゃないよ」と男性に思わせることが重要です。

そのためには受け身や卑屈になりすぎず、まずは笑顔で彼に接するようにしましょうね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)