好きな人からLINEが来ると、脈があるのか・ないのかを見極めたくなるもの。

脈ありだと信じたいものですが、いさぎよくあきらめたほうがいい「脈なしLINE」もあるのが現実です。

悲しいけれど、次の恋に向けて早めに気持ちを切り替えられれば、心のダメージも最小限で済むはず!

あなた自身が幸せになるために、「脈なしLINE」を見抜く技をチェックしておきましょう。

これが来たら次の恋にいこう…男性からの「脈なしLINE」4つ

1.恋愛関係で「ダメ男」アピールをする

「俺ってホントダメなやつで~(笑)」といった内容なら、親しくなるきっかけとして、話題に出すかもしれませんが、「俺ってすぐ別れちゃうんだよね」といったような、恋愛についての自身のネガティブポイントをアピールするLINEは、脈なしの可能性が高いです。

こういったLINEによって「ダメ男アピール」をして、あなたの恋愛モードをOFFにするという意図を含んでいるのかも。

彼とのあいだで恋バナが出たときには、彼が自分を「魅力的な男性として見せる意思があるのかどうか」を見極めて、脈ありか脈なしかを判断するとよさそうです。

2.あなたの情報を正しく覚えていない

好きな人のことって、自然と、なんでもしっかり覚えているものですよね。それは男性にとっても同じことです。

なのでもし、「仕事は○○だっけ?」「○○が好きなんだよね?」と、間違った情報を言われるなら、彼はあまりあなたのことに関心がないのかもしれません……。

もちろん人間なので、好きでも記憶があいまいだったり、自信がなかったりすることはあるでしょう。

でもそんなときは、「○○で合ってたっけ?」「ごめん、前聞いたかもしれないけど……」と、あなたに気をつかって、丁寧に尋ねてくれるはずです。

3.具体的なスケジュールの話をしない

「ここ、行きたい!」「いいね~、一緒に行こうよ」という話が出ていても、「いける日あるといいね~」という、あいまいな返事……。

彼のほうからなかなか具体的なスケジュールが提案ない場合は、残念ながら、本気で一緒に行きたいとは思っていない可能性が高そうです。

もし彼が本当に一緒に行きたいと思ってくれているのなら、「いつが空いてる?」と、おおざっぱでもスケジュールの話が出るでしょう。

また、とても丁寧に「ぜひ、いつかご一緒しましょう」といったようなLINEも、「社交辞令」である可能性が高いので要注意!

誘うにしても誘われるにしても、「具体的なスケジュールの話が出るかどうか」が、脈あり・なしの見極めポイントです。

4.価値観の違いをズバッと言い切る

人にはそれぞれ好き嫌いがありますし、それを知っていくのも楽しいものですが、「ぼくは○○なんですよ」といったような、価値観の違いを「ズバっと」言い切ってくるLINEは、脈なしの可能性大です。

脈ありなら、「どっちかっていうと……」や、「○○も嫌いじゃないんですけど」など、あなたが気分を害さないように、少なからず気遣いの言葉が入るもの。

彼の伝え方が不器用なだけ、という可能性もありますが……。

「言葉を受け取る相手(あなた)の感じ方」を考えてくれているかどうか。この配慮の有無が、見極めポイントとなるはずです。

いち早く見抜いて次にいこう!

脈あり要素なら積極的に探せますが、脈なし要素にはつい目をそむけたくなってしまうもの。

でも、LINEでのやりとりなら、わりと初期の段階から、そのサインを見抜けるはずです。

早めに判断して、自分にとって有利な恋愛を選んでいきましょうね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)