お付き合いしている彼を家に招くときって、なんだかドキドキしませんか?

意外なところで男性は、彼女への愛しさを感じているよう。

今回は、「男性がキュンとする」彼女の部屋の特徴をご紹介します。

今後の空間づくりに役立ててみてくださいね。

また行きたい!「男性がキュンとする」彼女の部屋って?

甘い香りがする

「キツすぎない甘い香りがフワッとしたこと。部屋の換気まではするけれど、匂いにこだわったことがなかったからビックリした。

彼女の部屋の香りが染みついていて、行くたびにドキッとします」(30歳/IT)

香りって人それぞれ好みが違いますが、できるだけ万人受けするものをチョイスしましょう。

癒やし効果があるので、彼も長く居座りたくなっちゃうかも。

淡い色で統一されている

「淡い色でまとまっていると、『女子なんだな~!』って思う。フワフワなクッションとか感動しますもん」(27歳/広告)

部屋の雰囲気って、色だけでガラッと変わりますよね。

とくに全体的に優しい色合いだと、それだけで女性らしい部屋になります。

カーテンやクッション、シーツカバーなど、まずは自分の好きな色味で統一してみましょう。

昔から大事にしているものがある

「ひとり暮らしの彼女の部屋に、年季の入ったぬいぐるみが置いてあったんだよね。『これどうしたの?』と聞いたら、恥ずかしそうに『私が子どもの頃から大事にしているぬいぐるみなの』と言われた。

男の家にそういうものって基本ないので、『女子っぽくてかわいいな~』って思いました」(31歳/営業)

子どもの頃から持っている、ぬいぐるみやタオルがある女性もいるのでは?

公にするのは恥ずかしいですが、こういう「秘めた素の部分」が、案外男性に刺さるよう。

外では見られない彼女の姿に、思わずキュンキュンするようです。

彼との思い出が飾られている

「部屋の隅に俺との写真や、旅行先で作った置物が飾られていた。『俺結構愛されているんだな』と嬉しくなりました」(33歳/教育)

ちょこっとでもいいので、彼との写真やもらったお土産が飾られていたら嬉しいものですよね。

家に帰ったあとも、「いまも俺の写真見ているのかな」とあなたを考える時間が増えそうです。

ただしディスプレイしたはいいもののホコリだらけ……では、彼も複雑な気持ちに。

掃除はこまめに心がけたいところですね。

彼がまた来たくなる部屋に

全体的に清潔感があって女性らしい部屋に、男性陣はキュンとするよう。

彼ウケを狙ってお部屋作りをする必要はありませんが、せっかくなら上記のどれかひとつを取り入れてもいいかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)