お付き合いしている期間が長くなってくると、思ったことを遠慮なく言ってしまうもの。

しかし、その発言がもしかしたら彼を傷つけているかもしれません。

今回は男性に、デート中に言われて傷ついた一言を聞いてみました。

自分も彼氏に同じことを言っていないか、振り返ってみてください。

せっかくのデートなのに…男性が彼女から言われて傷ついたNG発言3つ

食事中に「マズくないけど普通だね」

「レストランで食事中、彼女になにげなく『おいしい?』と聞いてみたんです。

でも『うーん。別にマズくはないけれど。まぁ普通だね』と言われてしまった。

せっかくお店も予約したのに、何だよその言い方……。すごく悲しい気持ちになりました」(30歳/広告)

もしも彼が考えたデートプランなら、「つまらない」など否定的なことを言われたらかなり傷つきます。

正直な感想は無意識に言ってしまうこともありますが、デート中は「おいしい」「楽しい」などポジティブな言葉選びを心がけて。

少しオーバーリアクションぐらいがちょうどいいかも。

彼女が喜んでくれたら、「次のデートも楽しませよう!」と張り切ってくれるはず。

「そんなこともできないの?」とばかにする

小ばかにするような言葉は、男としてのプライドをかなり傷つけます。

「彼女とデート中、道に迷ってマップアプリを使ったんだけど、イマイチ見方がわからなかったんだよね。

そしたら彼女が『地図も読めないの~?』と小ばかにしてきた。

冗談だったのかもしれないけれど、けっこう傷付きましたね」(32歳/メーカー勤務)

女性側からしてみれば、彼氏にはスマートにエスコートしてほしいかもしれません。

でも誰にだって苦手なことはあります。

“こんなことできて当たり前”と決めつけるのはやめましょう。

わからないことがあったら、お互いに協力するように心がけると、二人の仲がもっと深まりますよ。

不機嫌に「本当は〇〇したかったのに」

「久しぶりにデートをしたのですが、思いのほかやることがなくて。
不機嫌な彼女から『本当は今日、家の掃除がしたかったのに!』と文句を言われました。

俺もイラっとして、つい『だったら最初にそう言えよ!』とキレちゃいましたね。せっかくのデートなのに、全部だいなしになりました」(28歳/住宅)

たとえどんな状況でも、あと出し発言はNGです。

フェアじゃないですし、相手もかなりイラっとくるはず。

また、一生懸命にデートプランを考えてくれた彼を傷つけてしまいます。

本当はほかのことをやりたかったとしても、彼に会うと決めたらデート中に不満やグチをこぼすのは避けましょう。

もう次からはデートに誘ってもらえなくなるかも……。

悪気がなくても傷つける発言はNG

たとえ悪気がなかったとしても、言葉の選び方によっては相手を深く傷つけてしまいます。

その一言が原因で、関係にヒビが入ることもあるかもしれません。

二人で過ごす時間は楽しんだもの勝ち!

どうしても正直な気持ちを伝えたいときは、言葉や伝え方を工夫しましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)