多くの男性は、素直に気持ちを口に出すことが恥ずかしいと感じるよう。

言葉で言ってもらえるのがもちろんわかりやすいですが、普段の態度から予想することもできそうです。

なにげない仕草のなかに、あなたへの「本気サイン」が隠れていることもあるみたい。

今回は、男性が本気で好きな女性に、「無意識にやっている仕草」をご紹介します。

見逃さないで!男性が本気で好きな女性に「無意識にやっている仕草」4つ

手のひらを見せる

あなたと話をするときに手のひらを見せてくるなら、その男性はあなたに好意を抱いていると言えるでしょう。

人は緊張しているときや相手を信用していないとき、グーにしたり手の甲を表にしていることが多いのです。

そんななか、手のひらを広げて見せてくるというのは「隠しごとはないよ。俺のすべてをさらけ出すよ」という彼なりの意思表示なのかも。

もし気になる彼が手のひらを見せるような仕草をしてきたら、あなたを信用していると思ってOK。

今まで以上に本音で話す部分を増やしたりフレンドリーに接したりすれば、より親密な関係を築けるでしょう。

話すときに机のものを片づける

男性は好きな女性と話をするとき、机にあるものを片づけて前のスペースを空けようとすることがあります。

これは心理学的に見ると「あなたと会話がしたい」というあらわれ。

無意識に体が前のめりになっていれば、それだけあなたに心を開いていて距離を縮めたいという証拠なんですね。

もし気になる彼がカバンや食器や本などを片づけ始めていたら、「この子と仲良くなって深い関係に進みたい」と考えていると判断していいでしょう。

物理的な距離と心の距離は、イコールであることが多いです。

2人のあいだにある障害物を取り除いて、もっといろいろな話をしようというサインを送っているに違いないでしょう。

リラックスした態度になる

男性は、好意のある女性といるときはリラックスしていることが多いです。

頭の後ろで手を組んで座ったり、背筋を伸ばしたりするような仕草は「あなたのことが好きです」という気持ちがあるサインでしょう。

それだけでなく、言いたいことがあるけど、恥ずかしくて伝えられない……という自分の気持ちを紛らわせるときにやるポーズとも言われているのです。

無防備な状態になっているので、それだけあなたに対して不安や警戒心が少なく、信頼を寄せているということなのかもしれません。

また、女性と違ってストレートに感情や気持ちを表に出さないことが男らしいと考える人もいます。

普段から彼の行動をチェックしておきましょう。

足を組んでいる

人は、興味のある人がいる方向につま先が向いてしまうといわれます。

これは女性に限らず男性でも同じでしょう。

好きな女性の近くに座ると、無意識に組んだ足のつま先が女性の方に向いてしまうんですね。

逆に嫌いな女性や興味のない女性のそばにいるときは、上半身が逆の方を向いていたり、つま先が全然違う方向に向くことが多いようです。

足を組んでいる男性は、女性から見てもカッコよくて魅力的かもしれません。

男性側も、無意識に自分を大きく見せて自分を魅力的に見せようとしている心理が働いているそう。

とくに横向きで座っているときに足を組んでいたら、あなたへの好意が相当強い証拠ですよ。

彼の好意を見逃さないで

今回は、男性が好きな子に無意識にやってしまうことを4つご紹介しました。

男性が好きな女性といるときにやってしまうことは、無意識に自然と出てしまうものが多いようです。

気になる彼の好意を見逃さないようにしましょう。

(阿部田美帆/ライター)

(愛カツ編集部)