あなたの周りにいるかもしれない「モテる女性」。

彼女たちは、もちろん見た目の美しさもあるでしょうが、他にもモテる要素があるんだとか。

男性に上手く甘えられる女性は、男性のプライドを刺激することができ、モテる要素のひとつに。

今回は、モテる女性に学ぶ「上手な甘え方」をご紹介します。

すぐに使える!モテる女性に学ぶ「上手な甘え方」とは

謙虚にお願いする

「ねぇ、ネックレス買ってよ」「遊園地連れてってよ」

このように言われると、上から目線で圧迫感を抱いて「負担に感じるな…」と思ってしまう男性は多いもの。

だから、謙虚なお願いこそがいい甘え方のよう。

たとえばモテる女性は、こんなふうに甘えるそうですよ。

「なにか特別な記念日でいいから、いつかネックレスが欲しいな」「もしよかったら一緒に遊園地にいきたいな」

こんな風に謙虚な姿勢を見せられると、男性は思わずキュンとしてしまうんだとか。

明るい表情で接することで、近寄りやすい雰囲気も出せて男性からアプローチされやすくなるというわけです。

気になる彼の前だと恥ずかしくなって、本音とは裏腹に素っ気ない態度を取ってしまうときもありますよね。

そういう人はぜひモテる女性の真似をして謙虚になってみましょう。

あえて時間がかかるお願いを

「相手の時間を奪ったら男性は嫌な気分になるんじゃないの?」と思いがちですよね。

できるだけ負担にならないように、時間やお金がかからない甘え方をする女性もなかにはいます。

でも、男性は女性に手間や時間をかけた分だけ、愛情が積み上がっていくということを知っているのが真のモテる女性ではないでしょうか。

多くの男性はなにかやってもらうよりも、なにかしてあげたときのほうが恋愛感情を持ちやすいのです。

気になる彼にはサクッとできる小さなお願いごとをするよりも、あえてちょっと時間がかかるようなことを提案して甘えてみてはいかがでしょうか?

そのほうが、「俺はこの子にこれだけ手間をかけているんだから、好きに違いない」と思ってもらいやすくなりますよ。

いきなり相手の時間を奪うのは抵抗があるという人は、「この袋持って欲しい」とか「ビンの蓋開けてくれる?」など小さなお願いでもOK。

モテる女性も、はじめは小さなお願いからはじめるんだとか。

大げさなくらいお礼を言う

モテる女性は普通に感謝するのではなく、大げさに感謝することを心がけているようです。

たとえばデートで映画を観に行ったとします。

デート後、モテる女性はやってもらったことにたいして大げさなくらいお礼を言うのだそう。

「一緒に行ってくれたから楽しかったな~。本当にありがとう!」「私から誘ったのに多めに出してくれてありがとう」

こんな風に言われたら、男性は「この子のためにやってあげた甲斐があったな」「こんなにいい笑顔をする子なんだ。ちょっとドキッとしたな」と思ってくれるはず。

相手になにかを調べさせたり、やってもらうことで自分が楽をするという考えをモテる女性は持っていないのでしょう。

それだけでなく、甘える頻度にも気をつけておきたいところ。

毎回、会うたびにお互いに甘えていたら疲れてしまうこともあるので、2~3回に1回甘えるのがちょうどいいですよ。

甘え上手になってモテる女性に

恋愛において、甘え上手になることは欠かせないテクニックのひとつ。

いくら見た目がかわいくても、傲慢な女性は敬遠されてしまいますよね。

まずは、モテる女性の真似をするところから始めてみてはいかがでしょうか?

(阿部田 美帆/ライター)

(愛カツ編集部)