男性が別れを決断する理由のひとつに、「俺では幸せにできないから」というものがあります。

いくら女性が「そんなことないよ!」といっても手遅れ。

彼らのなかでは、その瞬間から彼女との未来は描けなくなってしまっています。

どうすればそういったことを防げるのでしょうか?

男性が「俺では幸せにできない」と感じた女性の言動について聞いてみました。

男性が「俺では幸せにできない」と感じる、女性の言動3選

誕生日を忘れたことを強く責める

「仕事が忙しくて、彼女の誕生日をうっかり忘れてしまい……。本当に申し訳ないと思ったのですが、『人としてありえない』と彼女にひどく責められて疲れてしまいました」(31歳/金融関係勤務)

大切な誕生日を彼氏に忘れられてしまうのは、悲しいですよね。

でも過去は変えられません。何度も彼を責めてしまうと、「悪いと思っているけれど、どうしたらいいんだ」と彼を困らせてしまうはず。

「また何かミスしたらこんな風に責められるのかな」と、将来を不安に感じても仕方ありません。

悲しい気持ちを伝えたら、切り替えて前向きなコミュニケーションを取るようにしましょうね。

理想が高すぎる

「プロポーズしたら『結婚するならあの街に住みたい』『最上階の角部屋がいい』と、リクエストしてくるようになった彼女。

僕の年収的にも、理想をかなえてあげるのは難しくて……。これは結婚してもキツイなあと思ってしまいました」(27歳/証券会社勤務)

理想が高すぎて、かなえてあげられない……と感じたときに、別れを考える男性は多いようです。

彼のことが好きならば現実を見て理想を下げるか、どうしても理想を譲れないのであればかなえる方法を考えるかしたほうがよさそう。

結婚を決めてから、価値観の違いに気づくのはかなりつらいものです。

付き合っている頃から価値観や理想の暮らしをすり合わせておくことをおすすめします。

気持ちを察してほしいと言う

気持ちを察してほしいと言う

「LINEを返さないと怒ってしまうくらい寂しがりやの彼女。ケンカをするたびに『なんで私の気持ちをわかってくれないの』と責められるたびに、気持ちを察するなんて僕には無理だって思いましたね」(26歳/IT関係会社勤務)

どれだけ仲の良い相手でも、言葉にしないと、気持ちはなかなか伝わらないもの。

何をしてほしいかわからないのに怒られていては、「もう付き合いきれない」と思ってしまうのも仕方ありません。

相手が自分の期待する行動をしてくれないからと言って、不満をぶつけるのはやめましょう。

相手に期待しすぎるのはNG

「彼は私の誕生日を忘れないはず」「彼は私の気持ちを分かってくれるはず」と、彼に期待し過ぎていませんか?

自分の思い通りにならないからといって、彼に怒りや悲しみをぶつけていませんか?

男性は、そんな彼女の行動が重なると「逃げたい」と思ってしまいます。

気づかないうちに男性に期待し過ぎていないか、自分の行動を振り返ってみてくださいね。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)