交際にたどり着くまでは順調なのに、付き合ったあとが長続きしない……。

若い頃はそれでよくても、結婚を考える年齢になると「このままではマズい」と焦ってしまいますよね。

もしかしたら、あなたの何気ない言動や行動が原因で、彼氏から愛想を尽かされているかもしれません。

彼氏が愛想を尽かす行動を知って、幸せな関係が続くようにしましょう。

注意してみて!彼氏から愛想を尽かされる行動3つ

同じ言葉で詰めてくる

「週末に仕事が入ってたので、彼女にデートの延期をお願いしたんです。でも、納得がいかなかったのか『それ本当なの?』と何度も聞いてきました。

最初は『そうだよ、ごめんね』と謝っていたのですが、あまりのしつこさにウンザリしてきて。『だから仕事だって言ってるじゃん!』と強めに返してしまいました」(31歳/教育)

何度も同じことを言われると、ストレスを感じますよね。

嫌味っぽく感じられるしたとえ彼に非があったとしても、「一体何回謝れば許してもらえるの?」と彼は思ってしまうはず。

この場合「じゃあ次はいつ会えそう?」など、次につなげる流れに持っていきましょう。

そうしなければ、こちらが思う以上に彼のストレスが蓄積されるかもしれません。

すぐに感情を出す

「元カノが些細なことでイライラするタイプだった。普段はイイ子なんだけど、言葉遣いが悪くなるのも怖くて……。こちらが気を使ってばかりで疲れたので、別れましたね」(27歳/販売)

楽しいや嬉しいなどのプラスな感情は、どんどん表に出すべきです。

しかしすぐに感情的になって怒りをあらわにする子は、扱いにくいイメージを持たれます。

最初はあなたのことが好きだった相手も、どんどんあなたに失望するでしょう。

負の感情はなるべく出さないようにしてくださいね。

自分の理想を押し付ける

自分の理想を押し付ける

「前々からオシャレにも人一倍気をつけていた彼女。そういう女性らしさに惹かれたのですが、付き合ってからは俺にもオシャレを要求するんです。

会うたびに『その服、変!』とかチェックされて、イヤな気持ちになりましたね」(30歳/IT)

前髪の角度だけでも、こだわりがある女性は珍しくありません。

そのこだわりを自分だけに留めるのはいいですが、彼にも押しつけることは危険です。

意思を尊重してもらえないので、彼もかなり窮屈に感じるでしょう。

自分の常識が彼にも当てはまるとは限りません。

意見の主張はほどほどに

自分の意見ばかり主張していると、相手がどんなに寛大な男性でも、愛想を尽かされてしまうでしょう。

言うべき部分と言うべきではない部分は、自分のなかで判断できるようにしてくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)