長い期間お付き合いをすると、お互いの信頼関係も深くなりますよね。

ですが、どんなにお互いを愛し合っていても、忘れてはいけないことがあります。

今後も長くお付き合いを続けていくためにいつも忘れずにいたい3つのポイントを紹介します。

ラブラブなカップルでも忘れてはいけない3つのこと

感謝の言葉を忘れない

ご飯をおごってもらったときやプレゼントをもらったときなど…相手から何かをしてもらったときは、必ず感謝の言葉を忘れずに伝えましょう。

感謝をすることは人として当たり前ですが、付き合いが長くなると、「言わなくても伝わっているだろう」とないがしろにしがちです。

相手が自分のためにしてくれたことには、必ずお礼を言い忘れないようにしてください。

プライベートを侵さないこと

どんなにラブラブなカップルでも、相手に知られたくないことや、一人になりたいときはありますよね。

相手の秘密を詮索しようとしたり、一人になりたがっているのに「別にいいじゃん」と無理を言って一緒にいるのはやめましょう。

客観的に考えて「自分がされて嫌だ」と感じることは、しないことが大事。

付き合っているからこそ、お互いがプライベートな時間を持つことは長続きの秘訣ともいえます。

お洒落に手を抜かないこと

「付き合いは長いし、すっぴんも裸も見せてるし、今更お洒落や美容に力をいれなくてもいいよね……。」というのはNG!

むしろ付き合いが長いからこそ、お洒落や美容を頑張るべきなんです。

やっぱり付き合いが長いと、付き合い始めの新鮮な気持ちが薄れていき、恥じらいもだんだん忘れていってしまうのが現実です。

ですが、それでは彼から愛想をつかれてしまいます。

「付き合い始めのころは、あんなにかわいかったのに……」と思われてしまう可能性も高いです。

「付き合い始めたころより、今の方が断然可愛い!」と思ってもらえるように、女性らしさと自分の魅力を磨き続けることは忘れないようにしましょう。

相手も同じ気持ちと決めつけないこと

親しい付き合いになるほど、自分と相手の境界が曖昧になります。

「自分はこう考えているのだから、相手も同じ考えのはずだ」と無意識に決めつけたりしていませんか?

どんなに親しくても、交際期間が長くても、ラブラブでも、あなたと彼は別の人間です。

自分の思い通りにならなくても、それが当然のこと。話し合い、お互いを理解し合うことで、より愛を深めることができるようになります。

(東雲ほたる/ライター)

(愛カツ編集部)