大好きな彼に甘えたいけど、甘え方がわからずに悩むことはあるでしょう。

甘えは、一歩間違うと依存につながることもあるのです。

彼といい関係を築くためには、依存と甘えの違いを知っておきましょう。

今回は、男性目線で見た「依存」と「甘え」の違いについて解説します。

じつは違う!女性が知っておきたい「依存」と「甘え」の違い

相手に寄りかかることが「依存」

「結婚後、彼女が仕事をやめてずっと家にいるようになりました。『働いたら?』と言うと『幸せにしてくれるって言ったじゃん』と逆ギレしてきます。全てを僕に依存されるのはきつかったです」(33歳/広告関連会社経営)

これは、彼の優しさに甘えて仕事をやめたところ、依存になってしまったという例です。

「甘える」は、自分の脚で立っているうえで誰かに頼ることであり、「依存」は自分の脚で立とうとせず、相手に寄りかかることを指します。

自分の考えを持っていれば、何かをお願いしても依存にはなりません。

相手ができることを頼むのが「甘え」

「彼女はすごく甘え上手だと思います。『アイス買ってきてほしいな』とかお願いをしてくることが多いけど、それを叶えたときに『嬉しい』『ありがとう』って言ってくれるんです。喜んでくれるから、叶えたいと思いますね」(27歳/ゲーム業界勤務)

同じことをお願いされても、相手の受け止め方によって「甘えられている」と感じるか、「依存されている」と感じるかは異なります。

男性が叶えられる範囲でのお願いは、「甘え」として見なされます。

しかし、叶えられないほどの無理なお願いは、「依存」と感じられてしまうでしょう。

彼ができることを見極めてお願いするのが、上手な甘え方ですよ。

感謝があるかどうか

感謝があるかどうか

「彼女が『手料理が食べたい』ってリクエストしてくるんですが、『あなたの作る麻婆豆腐は世界一!』なんて大げさに褒めてくれるんです。そう言われるとまた作ろうと思います」(29歳/美容関連会社勤務)

一方的に甘えるだけでは相手も疲れてしまいますが、できる女性は「褒める」ことも欠かせません。

相手への感謝があるから、お願いを聞くほうも気持ちよく感じます。

「依存」はやってくれて当たり前と思う傾向がある点で、「甘え」とは異なるのです。

甘えるときは相手に期待しすぎない

「彼が尽くしてくれたら私は愛を感じる」というのは、相手への依存が強い証拠です。

一方で「甘える」は相手がしてくれたら嬉しいけれど、しなくてもそれはそれでOKという考え方が一般的です。

相手に期待しすぎず、「してくれたら嬉しいな」という感覚でお願いをすることが、「正しい甘え方」と言えるでしょう。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)