好きな人に異性として見られていなければ、脈なしだと決めて諦めてしまいたくなるもの。

でもじつは彼が脈なしだと思っていたのは勘違いで、本当は相手から好意を抱いてもらっていた。

……と気づいても、もうあとの祭りのときもあるでしょう。

彼に脈なし判定されないようにするには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

今回は、男性が「脈なし」だと感じる女性の態度を4つ紹介します。

男性が「脈なし」だと感じる女性の態度とは?

距離を取ろうとする

気になる男性が近づいてきたらドキドキしてしまって、思わず避けてしまうことはありませんか?

じつはこれ、男性に「嫌われてるんだな」と思わせてしまう原因になっています。

好きな人を目の前に緊張したとしても、嫌がっているように見える行動や態度は取らないようにしましょう。

友達であることを強調する

「私たち友達だよね」「〇〇くんは最高の友達だよ」といった言葉には、注意が必要です。

「信頼できる、大切な人だよ」と伝えたくても、男性は「友達以上の関係にはなれない」と釘を刺されているような気分になってしまう可能性が高いです。

「友達」という言葉は使わずに、「〇〇くんは大事な人だよ」と別の言い方をするのがおすすめ。男性をドキッとさせることができますよ。

「いい人いないかな」とボヤく

男性の前で「いい人いないかな」とボヤくのもNG。

「今はフリーで、彼氏がほしいと思っている」とアピールしているつもりでも、男性には「あなたは恋愛対象ではありません」と聞こえています。

相手に対して素直に「彼氏ほしいんですよね」と言ったほうがよさそうです。

ほかの男性の話をする

女性に自分以外の男性のことを聞かれたら、その男性のことが好きなのだろうなと感じるものです。

勘違いされないためにも、何か目的があって聞いているのであれば、そのことをきちんと伝えましょう。

また会話のきっかけに使っている場合は、やめたほうがよさそうです。

「好き避け」は逆効果

好きな気持ちがバレたくなくて、彼にだけ不自然な態度をとってしまう「好き避け」。

なかなか意識してもやめられるものではありませんが、そのせいで恋のチャンスを逃してしまうのはもったいないです。

今回紹介した4点に気をつけるところから始めて、彼との距離を徐々に近づけていきましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)