彼氏との付き合いが長いと、結婚を意識し始めますよね。そんなとき、彼はどう思っているのか不安になることもあると思います。

男性は一般的にどのようなタイミングで結婚を決意するのでしょうか?

今回は、「男性が『この子と一生添い遂げたい』と結婚を決意する瞬間」をピックアップしてみました。

男性が「この子と一生添い遂げたい」と結婚を決意する瞬間3つ

1.手料理を食べて胃袋をつかまれたとき

「自分の好きなハンバーグを、手際よく毎週つくってくれるんですよね。味もおいしいし、一生食べたいと思ったときに結婚を決めました」(29歳/営業)

料理を振る舞うという家庭的な一面を見ることは、将来を想像しやすいのかもしれませんね。

また振る舞ってくれた手料理がおいしくて、胃袋をつかまれたら「結婚して毎日これを食べたい……!」と思うのかも。

料理は結婚したら毎日食べることになるため、女性がつくってくれた料理が口に合うかどうかは重要です。

料理が苦手という人も、一生懸命努力する姿に男性はきゅんとするはず。一品だけでも練習して振る舞ってあげてください。

彼氏の胃袋をつかんで、ふたりの結婚生活を意識させましょう。

2.大ゲンカしても円満に和解できたとき

「ものすごい大ゲンカをしたけど、仲直りできたとき。気持ちをめっちゃぶつけ合ったのに和解できる人は、なかなかいないと思う」(32歳/商社)

ケンカはしないに越したことはないですが、ケンカをして最悪の場合、別れてしまうカップルもあると思います。

そんななかで円満に解決できたり意見が意見が分かれてもお互いが非を認めて仲直りできたりすると、男性は「これから困難があってもきっと乗り越えていけるだろう」と思って結婚しても大丈夫と感じるようです。

ケンカするほど仲がいいとも言いますが、これはケンカしても必ず仲直りできる間柄のことを言うのかもしれませんね。

ケンカしてしまったら感情的にならず冷静に話し合えると円満に解決できるはず。彼との結婚を視野に入れているのであれば、ケンカの後に注意してくださいね。

3.寝顔など無防備な姿を見たとき

「彼女の寝顔が最高にかわいかったので、ずっと隣で見ていたいと思いました気を許してくれているんだなと感じた」(26歳/IT関連)

女性の無防備な姿にきゅんとする男性は多いみたい。「誰にも渡したくない!ずっと見ていたい!」と思ってもらえれば、結婚への意識も高まるかもしれません。

普段見られないすっぴんや寝顔を見ると、男性は「自然な姿を自分だけに見せてくれた」と特別感がアップするようです。

とは言っても、女性にとって彼にすっぴんを見せることは勇気がいりますよね。

「彼にすっぴんはどうしても見られたくない……」「まだすっぴんを見られたくない」という人は、すっぴん風メイクをするのもおすすめです。

その際には、ガッツリというよりナイトパウダーや血色感の出る色つきリップなど寝ている間に使ってOKなものを選ぶと、肌への負担も軽減されますよ。

結婚後の生活をイメージさせることが鍵

彼に結婚を決意してもらうには、「結婚後の生活」をイメージさせることが大切です。

家庭的な一面や二人きりの空間だからこそ見せる特別な一面などを見せることで、「この子に一生添い遂げたい」と思わせることができるかも。

今回紹介したことを参考に、彼が結婚を意識できる言動をするよう心がけてみてください。

(愛カツ編集部)