さまざまなキッカケやささいな出来事によって、気になる男性の本性が見えたりする場合があります。

「この人ってこんな人だったの?」と、普段とは違った彼の態度や行動に、戸惑った経験がある人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、「いい人だと思ってたのに……じつはダメ男だった!」といった例を紹介していきます。

彼はホントにイイ男?騙されがちなダメ男の特徴

最初は紳士的だったのに豹変した

「出会い系アプリでやり取りしていた男性がいたんですが、はじめは紳士的だったのにどんどん態度が変わっていって……。
会おうと約束してたけど『仕事が入って予定をずらしたい』と話したら、『仕事休んじゃったら?』と言われて、冷めました」(25歳/医療系勤務)

会うタイミングを逃さまいと、焦って結論を出そうとする男性はイイ男から程遠いかもしれません。

いくらイイ男に見えても、こちらの事情も無視して会いたがるような人はどうなのでしょうか?

あなたの状況や環境に理解ある人のほうが、もし付き合っても長く続く相手だといえるでしょう。

デートはいつも自分の都合

「仕事で失敗して落ち込んでいた日に『寂しい』と彼氏に連絡したら、『俺は行けないから来てくれたら会えるよ』と言われて……。
『あー、私の存在ってそこまでどうでもいいのか』って思ったら冷めました」(28歳/web系勤務)

粗末に扱われても寂しさに負けて会いに行ってしまう……というのも仕方がないことですが、言いなりになっていては相手は変わりません。

「虚しいな」と感じたら、離れるのが正解ですよ。

自分の気分にあわせようとしてくる

「体調不良でデートをドタキャンした彼から、『なんか体調良くなったから、遊びいく?』と、連絡がきて。
友達との約束を入れたことを言ったら『え?なんで他と約束してるの?』って。

彼の気分によって私の行動まで制限されちゃうんだって悲しくなりました」(24歳/住宅メーカー勤務)

自分がドタキャンしたのに、それをなかったかのような態度をとる男性とは、距離を置いたほうが良いでしょう。

このまま傍にいたとしても、あなたの自由は奪われて不幸になりかねないかもしれません。

相手の状況を想像できないダメ男はやめよう

ダメな男性の特徴は、自分のことしか考えていないこと、相手への思いやりがないという点が挙げられるようです。

思いやりというのは、相手への想像力のこと。

「こんなことをしたら相手が困るかもしれない」という想像ができれば、困らせるようなことはしないはずです。

嫌だな、と思う相手と無理して付き合っていても自分の心も体も疲れてしまいます。

「この人ダメだ、無理」と感じたときは、離れるきっかけになったと思って捉えてみては?

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)