ふと一人の時間にスマホを見ながら、元カレのことを思い出して枕を濡らす……そのように、昔の恋への未練があるあなたへ。

元カレはもう思い出にしてしまっておきたいのに忘れられない、こんなときの対処法を紹介します。

次の恋に切り替えられるように、今しっかり対策を練っておきましょう。

次の恋に切り替えられるように…元カレを忘れられないときの対処法"

Step1:無理に忘れようとしないでOK

未練があるとどうしても「早く忘れなくちゃ」と思ってしまい、そう考えるがあまり忘れられなくなっている可能性があります。

まずは無理に忘れようとせず、しっかり「悲しむ」ことが大切です。心が悲鳴をあげているので、今は自分の悲しみと向き合い、心を休めることが重要なのかもしれません。

時間が経てば自然と新しい恋に夢中になったり、元カレのことを考えることもなくなったり、忘れていけるはず。

自分の気持ちに正直になり考えないようにするために、趣味、仕事、勉強など違うことに時間を使うこともおすすめです。

Step2:元カレのSNSや連絡先は断つ

別れたあとも連絡を取り合ったり、元カレのSNSをチェックするとついつい思い出を振り返って忘れがたくなってしまいます。

自分と別れたあと何をしているのか新しい彼女ができているのかと気になることはあるでしょう。

ですが忘れたいのであれば、元カレのSNSのフォローを外したり連絡先を削除するなど連絡手段を断つことも大切です。

別れたあとは友達の関係になれるという人は別です。しかし少なくともこの記事を読んでいるということは、未練があるということ。少しでも自分の中から元カレの存在をなくして、次の恋に切り替える準備をしましょう。

Step3:思い出に浸る時間をなくす

別れた直後は無理に忘れず、思い出に浸って悲しむことも大切です。

しかし時間が経ってもまだ忘れられないのは、日常の中に元カレを見つけようと必死になっているからかも。思い出に浸ったり過去を振り返ったりしてしまうから、忘れられないのでしょう。

やっぱり元カレのことは忘れて前を向きたいのであれば、その時間をなくすしか方法はありません。

思い出は時間とともに美化されていく傾向もあるため、「やっぱり私にはあいつしかいないのかな……」と考えてしまうなんてことも。

元カレとの思い出は一度封印し、新しい恋を探してみたり恋愛はストップして自分のやりたいことを楽しんでみたり、違うことに時間を費やしましょう。

ほかにも幸せになれる方法はいくらでもあります。執着したくなる気持ちはわかりますが、元カレのことを日常生活で思い出さないことが、忘れることへの第一歩になるでしょう。

元カレの存在を心から追い出せるように

元カレが忘れられなくて苦しいときは、今回紹介したようなステップを踏んで、徐々に元カレの存在を心から追い出しましょう。

最初は無理に忘れなくてOK。でも自分から行動しなければ、苦しんでしまうのは自分です。

連絡先を消したり違うことに時間を費やしたりして、少しずつ忘れていきましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)