「幸せになる方法」は男女にかかわらず、誰もが知りたいと思っているのではないでしょうか。

幸せになるために、こだわりを持っていたリいろんなことに取り組んだりする人も多いもの。ですがそのなかには、せっかくの恋を遠ざけてしまっている行動があるかもしれません。

余計なこだわりや行動をなくしていくことができれば、幸せな恋愛も実現していけるはず。

今回は「素敵な恋を遠ざけている行動」を紹介していきます。

やめたほうが幸せになる?素敵な恋を遠ざけている行動4つ

ドラマチックな場面を求めすぎる

素敵な夜景をバックにキスをしたり、ケンカしてからの仲直りで絆が強まったり。まるでドラマや映画に出てくるような恋物語がいつか始まって、幸せを運んできてくれる。

こんな想像をする人がいるかもしれませんが、実際にこういった場面はほとんどありません。

幸せは、何気ない日常にこそ隠れています。

好きな人といっしょにおいしいごはんを食べたり同じことで笑ったりするのは、あたたかくて幸せな時間ですよね。

どんなときだって、小さな幸せに着目できる人のほうが幸せを掴むのです。

お互いのすべてを知ろうとする

好きな人や彼氏のことは、すべて知りたい。そう考えてしまう人は珍しくありません。

でも好きだからこそ言えないことや、知られたくないことだってあります。

とくに、過去の出来事に関しては知られたくない人も少なくないでしょう。

「相手のすべてを知らなければいけない」なんてことはありませんので、安心してください。

運命の出会いにこだわりすぎる

突然運命的な出会いをして、相手から告白され、幸せな恋人同士に……。

もちろんそういったケースがあるかもしれません。

しかしそんな運命的な出会いから始まるカップルは、本当にごくわずかでしょう。

実際は、地道に出会いを探し、自分からコミュニケーションを取っていくというケースのほうが多そうです。

好きになれば、切なく苦しい気持ちを我慢しなければいけません。また、勇気を出して自分から告白するケースもあるはずです。

そういったものを面倒に思ったり重荷だと感じたりしていませんか。

「楽=幸せ」と捉えていると、本当の幸せを掴むことが難しくなるかもしれません。

元カレと同じ長所を求めている

新しい彼氏に、元カレの長所を「最低条件」として課していませんか。

以前感じていた幸せ(元カレの長所)が感じられないと、「どうして〇〇してくれないの?」と不満を抱きがちです。

でも、人の個性や価値観はさまざま。失ったものに固執せず、次に現れる人のいいところに注目してくださいね。

日常のなかに幸せがある

タイミングによっては、ドラマチックな展開がきっかけで付き合うカップルもいるはずです。

でも、そういったケースは珍しいということを理解しておきましょう。

小さな日常のなかから、幸せを感じられるようになってくださいね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)