男性とのLINEで、ギクシャクしてしまったり、返信が急に来なくなってしまった経験はありませんか?

もしかしたら、相手の男性にとってNGなLINEを送ってしまっているかもしれません。

男性の声をもとに、なるべく送ってはいけないNGなLINEを5つピックアップしました。

うんざり…男性が返信をやめる「NGなLINE」5選

質問を連発しすぎる

「スケジュールを把握するような質問をされると、何もかも知られている気がしてストーカー気質なのかなって思っちゃう」(30代/営業)

彼がいま何をしているのか気になると、すぐにLINEを送ってしまいたくなるもの。

「昨日何してたの?」とか「明日何するの?」などの質問は、送りすぎるとマイナスな印象を与えてしまうかも。

ほかの女の子と会ってないかなと心配になる気持ちも分かりますが、彼を束縛するようなLINEは避けましょう。

自分の話を一方的に続けてしまう

「好きな女の子の話を聞くのは楽しいですよ。

お互いのことをよく知ってるなら分かりますけど、どんな話で盛り上がるか分からない間柄のときに、自分の話を永遠とされると嫌だなって感じてしまいます」(30代/接客業)

距離を縮めるために自分の話をするのは大切なことですが、彼の反応を見ずに一方的に話を続けるのは禁物です。

話している自分は楽しくても、聞かされている相手はうんざりしているかも。

興味ないと思われて返信がこなくなる可能性もあるので気をつけましょう。

返信が遅れた理由を問いつめる

「返信が遅くなるのは、ちょっとゲームしてたとかテレビ見てたとかいろんな理由があるんです。

でも正直に言ったら怒ることもあるからあんまり触れないでほしいかな」(20代/専門職)

これは、多くの女性がやってしまいがちかもしれません。

しかし、男性に「なんでこんな返信遅れたの?」などと無理に問いただすのは逆効果です。

忙しくてなかなかスマホを見れない場合などは、大事なLINEでも返信が遅くなることもあります。

すぐに怒りを表さず、まずは冷静に対応しましょう。

相手の話題を終わらせる

「女の子から部活の話を聞かれて一生懸命話したのに、そっけない返事をされて次の話題に進もうとされるとテンションが下がるんですよね……」(20代/学生)

好きなことについていろいろ話した後に、「へぇ~そうなんだ。ほかに何か趣味ある?」と言われると、男性は寂しくなってしまうのかもしれません。

また、自分の話題を終わらせられると、返信する気がなくなってしまう男性は多いようです。

自分が質問して相手から返ってきた回答は興味のあるなしにかかわらず、少しでも話を聞いてあげましょう。

そのほうが、会話が盛り上がって相手から「この子とLINEしてると楽しいな」と好意を抱かれやすいかもしれません。

愚痴や悪口を長文で送る

「自分のことをネタにされるのはまだギリギリOK。それがきっかけで会話が弾んだりするから。

でもほかの人の悪口を言われて同意したらそれも変だし、指摘したら喧嘩みたいになっちゃう。

しかもそれが長文になったら拾うところが増えて返信しづらくなる。」(30代/経営者)

男性は、好きな女性とのやりとりに癒しや安心感を求めています。

だからこそ、LINEは楽しくて盛り上がる内容がいいと思っているもの。

もしも人の悪口を話す癖がついてしまっているのであれば、好きな男性とLINEするときは控えるようにしましょう。

男性は好きな女性とのLINEを楽しみたい!

LINEは誰でも簡単にやりとりができる便利ツールゆえに、使い方を間違えると相手の気分を害してしまうこともあります。

今回ご紹介したNG例を避けて、気になる彼とのやりとりを楽しく充実させてくださいね!

(阿部田 美帆/ライター)

(愛カツ編集部)