男性とお付き合いをして、ほとんどの女性は愛されたいと願うもの。

でも、その「愛され」の粋を超えると、「重い男性」になってしまうことも……。

いくら愛されているとはいえ、あまりにも愛が大きいと疲れますよね。

今回は、付き合うと大変かもしれない、重たい男性の見分け方をご紹介します。

付き合うと大変かも…重たい男性の見分け方とは

常に行動を把握したがる

「付き合ってた当時もお互いに社会人なのに、とにかく心配性だった元カレ。ちょっと連絡の返事がないとすぐに電話してくるので、友だちと楽しくお酒を飲むこともできなくなっちゃいました。

今思えば、付き合う前から兆候がありました」(36歳/化粧品)

彼女への愛情が強すぎると、束縛したり心配したりという行動に出ることもあるようです。

それも度が過ぎると、ただうっとうしいだけになってしまいそうですね。

こういう男性と付き合うと、四六時中スマホをチェックしていなくてはならず、1人で家にいても気が抜けなくなってしまうかもしれません。

自分好みに染めてくる

「前に付き合ったなかで一番疲れたのは、なんでもかんでも自分の思い通りにしようとする人ですね。服装とか髪型とかの好みを押し付けてきて、料理も自分好みの味付けで作れっていうんです。

最初は愛されてるって感じて従ってましたけど、途中からただウザいだけになりました。付き合う前に『彼女にこだわりがある』と言っていたのが地雷だったとは」(38歳/専業主婦)

自分好みに染めたいというと、俺様系かと思いますが、そういうわけでもないようです。

あくまでも下手に出ながら、要求は押し付けてくる……。

きっとこういう男性は、自分と彼女との境界線が曖昧になっているのでしょう。

別れるときにも、「こんなに愛してるのに」と言ってくる可能性があります。

LINEに嫉妬する

「いっつもLINEを見たがる彼にはまいりましたね。一緒にいるときに友だちからLINEがきても、『誰?』とか『なんて?』って。

浮気とかする気は全くなかったのですが、あまりにしつこいので途中から嫌になってしまいました。LINEの返信がいつも極端に早い人は要注意だと思います」(26歳/販売)

今はほとんどの人が使っている便利な連絡ツール、LINE。

ですが、その便利さゆえに、いつでも誰かから連絡が入ってしまう可能性があります。

そんなLINEに嫉妬するような男性も、付き合うと重たいと思ってしまうでしょう。

「不安になって可愛いな」なんて思えるのは、最初のうちだけではないでしょうか。

重い男性には気をつけて

付き合ってから重たいと言われやすいのは女性ですが、同じような男性もいるみたいです。

とくに甘えん坊だったり、寂しがり屋だったりする人は要注意かもしれませんね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)