彼女と一緒にいても幸せな気分を感じられなくなったら……つい、「別れ」を考えることもあるでしょう。

そこで今回は、男性が思わず彼女との「別れを考える瞬間」をご紹介します。

あなたは彼にこんな思い、させてしまっていませんか?

男性の本音…つい「彼女との別れ」を考える瞬間とは

1.自己チューな言動が目についたとき

付き合いたてのころは「何をするにも彼氏が一番」だったのに、時間が経つにつれてそんな気持ちも薄れていく……。

それは誰にでも起こりうること。

でも、それがあまりにもあからさますぎると、彼氏も不安を感じ始めるはずです。

「彼氏のことは二の次で、いつも自分優先!」の彼女からは、単純に愛情を感じられないですし、一緒にいる意味もわからなくなってしまうでしょう。

かわいらしいワガママというレベルを越えて、「自己チュー」になってしまうと、「自分のことしか考えていない」と思われてしまい、別れを考えさせるきっかけに。

度を超えた自分優先の振る舞いはひかえましょう。

2.温度差を感じたとき

自分と彼女の思いに、あまりにも温度差があると、さすがにむなしい気持ちになるだけ。

「自分はこんなに愛情を持っているのに」とか「こっちはこんなに楽しませようとしているのに」という具合に、どんどん彼女への不満もつのっていくでしょう。

とくに、自分がせっかく楽しんでいるのに彼女が横でムスッとしていたら、楽しさも半減しますし、「俺といてもつまらないのかな」という思いにもなるはず。

その不満やむなしさが、別れを考えることにつながっていくのです。

彼と一緒にいるときは、うれしさや喜びをちゃんと表現するようにしましょう。

3.言い方がきついと感じたとき

恋人同士であれば、相手のためを思って、改善してほしい点などを注意することもあるでしょう。

一緒にいてお互いに成長し合えるふたりというのは理想の形でもあるので、ダメな部分をちゃんと指摘できる関係性は素敵です。

ただ、そのときの「言い方」はとても大事。

頭ごなしに上から目線で注意や批判をされたら、彼氏だってカチンとくるはず。男のプライドもズタズタにしてしまい、別れを考えてしまいます。

叩きのめすような言い方はせずに、「こうしたらもっと良くなるんじゃない?」とやさしく言ってあげると、彼もすんなりと聞き入れてくれるでしょう。

4.束縛が強いと感じたとき

大好きな彼氏とは、「いつでもずっと一緒にいたい」という気持ちになるかもしれません。彼女からそう思ってもらえたら、もちろん彼氏もうれしいでしょう。

ただ、本当に四六時中、ずっと一緒にいようとしたら、間違いなく息が詰まってしまうはず。

いくら付き合っているからといっても、お互いに「ひとりの時間」も多少は必要です。自由が一切なくなったら息苦しさを感じて、逃げ出したくなる気持ちが芽生え、別れにつながってしまいます。

会えない時間や知らない部分もあった方が刺激になるし、お互いへの思いもさらに強くなりやすいもの。

彼を束縛しすぎるのは逆効果です。

不満の蓄積に注意して!

小さなことの積み重ねによって、とつぜん別れを切り出されてしまうこともあります。

今回ご紹介したような思いをさせないように、日々気をつけながら、楽しく交際していきましょう!

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)