付き合っていてもお互いが向き合っていない関係であれば、ふたりは幸せにはなれません。

あなたは彼のほうを向いているのに彼があなたに向き合ってくれない場合、別れることも視野に入れるべきでしょう。

今回は「彼女に向き合っていない、『いい加減な男性』の特徴」を紹介します。

彼との関係性に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

彼女に向き合っていない、「いい加減な男性」の特徴って?

あなたの気持ちに寄り添うつもりがない

あなたへの関心が薄く、なかなか気持ちに寄り添ってくれない。彼は自分の仕事でいっぱいいっぱいで、デートもLINEもほとんどない。

このような状態がつづいているなら、もはや付き合っていると言えないでしょう。

あなたが近寄ろうとしても心理的な距離が離れていて、彼が自分のことにしか興味がないのであれば、いい関係性は築けません。

自分にしか興味がない、彼女に寂しいと言われてもケアしようとしないなら、その男性とは見切りをつけることも考えましょう。

本音を隠したがる

普段から本音を言わず、何か問題が起これば面倒くさがって逃げたり連絡が途絶えたりする彼は、あなたに向き合っているとは言えないでしょう。

相手に向き合えないのなら、交際をつづけるべきではありません。

本音も言わず、何かあればすぐに逃げてしまう。このようにふたりの問題を解決しようという気持ちがない彼と付き合っていても、関係が深くなるケースはほとんどないでしょう。

最初はそういう態度でも、時間とともに向き合うようになれば問題ありません。

でもあなたが「話し合おう」と言っても彼が逃げるのなら、あなたのパートナーは彼ではないはずです。

あなたを後回しにする

あなたを後回しにする

彼がいつもあなたのことを後回しにするのなら、いい加減な気持ちで交際しているかもしれません。

友達との飲みや趣味など、毎回プライベートなことばかりを優先させ、あなたとの時間をつくらない。

そんな彼と付き合っていても、うまくいくケースはほとんどないでしょう。

男性のなかには、「付き合っているから少し待たせても大丈夫だろう」とあぐらをかいている人もいます。

確かに信頼関係がしっかりできているのなら、後回しにしてもいいかもしれません。

ですが信頼関係ができておらず相手に安心感も十分に与えていないのに、毎回後回しにするのはダメです。

彼が誠実であなたのことを本当に「大事な人」と思っているのなら、そもそも後回しにすることはほとんどないでしょう。

お互いが向き合えるような相手を探すべき

あなただけが彼のほうを向いていても、いい関係なんて築けません。

向き合ってくれない彼は、きっと誰と付き合っても向き合わないはずです。

彼が本気で向き合ってくれないなら、思い切った決断をすることも考えましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)