彼氏のことが好きで好きでたまらない。そんな気持ちは素敵でしょうし、それだけ思われている男性もきっと喜んでくれているはずです。

しかし相手のことを好きすぎるために、「彼氏に対してすべきではない言動」をしてしまう女性もいるんだとか。

その結果、大好きな彼氏と別れることになった……なんてことは、考えたくもありません。

どういう言動に気をつけるべきなのか、次のページから、くわしく見ていきましょう。

好きすぎるのも要注意。彼氏に対してすべきではない言動3つ

相手の気持ちを確認したくて、揺さぶる

不安になりがちな女性は、恋愛中もあれこれ不安でしょうがないでしょう。

とくに彼に好かれているのか否かが、気になってしまうはず。

不安をどうにか解消させるために、彼に素っ気なくしたり別れをチラつかせたり不機嫌な態度を見せたりして揺さぶりをかけては、彼氏からの愛情を確認する女性もいるでしょう。

多くの場合「俺、何かしたかな?」と彼は焦ってあなたに配慮するでしょうが、下手したら「は?今度は何なの?」とイライラさせたりあなたへの気持ちが冷めてきたりします。

不安をどうにかしたいのはわかるのですが、必要以上の揺さぶりになる言動はやめましょう。

あなたのことが好きだから彼も付き合っているわけであって、嫌いならとっくに別れています。

彼のことをもう少し信じてあげるとよいでしょう。

彼のすべてを知ろうとする

誰だって好きな人のことは、たくさん知りたいはず。彼のことを知りたいという気持ちもわかります。

でも好きな人のことって、時間が経てばわかってくるものです。

焦らなくてもじっくり付き合っていけば、探らなくても彼のことがわかってくるでしょう。

女性のなかには、交際当初から彼の過去、彼のこれからの予定、彼の友人、彼が今どこで何をしてるのかなど、すべてを知ろうとする人もいます。

でも彼のすべてを知るのはまず無理ですし、あれこれ必要以上に詮索すると、彼だって嫌になるでしょう。

お互いを知るのには、時間がかかります。

一気にすべてを知ろうとするのではなく、徐々に知っていこうという気持ちになりましょう。

付き合ったばかりなのに結婚の話をする

付き合ったばかりなのに結婚の話をする

付き合ったばかりの段階でしつこく結婚を考えさせるような言動があるのも、彼氏との仲を悪化させる原因。

相手も結婚願望が強く、早く結婚をしたいと考えているのならまだよいです。

しかし結婚願望が強くないなら、「好きで付き合ったんじゃなく、誰かと結婚がしたかっただけ?たまたま付き合ったのが俺なの?」と、あなたの気持ちに不信感を抱く可能性もあります。

彼が好きで結婚をするなら彼以外は考えられないから結婚の話をしているのだとしても、ふたりが付き合ったばかりだとしたら落ち着いて。

結婚の話はもう少しお互いを知ってからでも、遅くはないはずです。

相手を信じて

男性だって、彼女のことが大好きだから付き合っているしいっしょにいるのです。

もし今回紹介していることに心当たりがあった人は、極力控えられるよう努力しましょう。

あなたが相手を信じ、相手の立場になって考えられたら、ふたりの関係はもっとよくなります。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)