恋愛対象になるかどうかは、第一印象で決まると言っても過言ではありません。

しかし、自分の印象に自信がない女性も少なくないでしょう。

今回は、男性のリアルな声をもとに、初対面で恋愛対象になるコツをご紹介します。

どんな場面でも使える♡最高な第一印象を与える方法

自己紹介後すぐに名前を呼ぶ

「初対面で自己紹介して、その後すぐに自分の名前を憶えて呼んでくれる子は好印象ですね。

やっぱり自分に関心を持ってくれているとわかると嬉しいじゃないですか」(25歳/ゲーム)

人の名前と顔を覚えるのが苦手という人も多いものです。

とくに複数の人と一度に会ってしまうと、どの人がどの人だったから忘れてしまいがちです。

だからこそ、名前を聞いたらすぐに一度呼んでみてください。

覚えやすい上に、相手から好印象を抱かれて一石二鳥かもしれません。

たくさん質問をする

「初めて出会ったときに、こっちから話しかけないと話が途切れてしまう相手は疲れます。

お互いに初対面なんだから、気まずくならないように質問を投げてくれたりする気遣いをしてもらえると嬉しいです」(26歳/アパレル)

初めて会った時って何を話せばいいのかわからなくて、沈黙になりやすいもの。

そこで変な空気になって困っているのは相手も同じです。

そんなときこそ、自分から相手に質問して、和やかな雰囲気を演出しましょう。

相手に合った挨拶をする

「決まり文句ではなく、その日に合った挨拶をしてくれると、きちんとしている人という印象を受けます。

誰に会っても“初めまして。○○です。よろしくお願いします”って言うだけならAI人形でもできるでしょ」(39歳/自営)

相手を見てベストな挨拶ができる人は、特別な印象を与えられます。

自分のことを見てくれる人には、悪い印象は抱きませんよね。

外見よりもこのような心づかいができる人の方が、人として魅力的だと思ってもらいやすいのです。

最高の笑顔を見せる

「初めて会った時の顔って、後々まで覚えていますよね。

だから、最初に会った時に満面の笑顔だった子にはマイナスの印象を持ったことがない気がします。

やっぱり笑顔は最強ですよ」(31歳/不動産)

どんな気分だとしても、初めて会う人にたいしては最高の笑顔で接しましょう。

照れ屋でも恥ずかしがりやでも、最初だけ頑張ってみる気持ちで!

それだけで、恋愛対象になる可能性がグンと高まりますよ。

外見よりも相手への心づかいが大切♡

もちろん外見が整っているかどうかも、第一印象に影響を与えます。

でも本当に大切なのは、外見ではなく相手への心づかいです。

メイクや服の清潔感などに気をつけつつ、今回ご紹介した方法などもあわせて実践してみてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)