気になる彼とたまにLINEをしたり、デートをしたりする。でも、彼にとって私は本命なのか、キープなのかわからない……。

そんな悩みを持っている人も多いと思います。

そこで今回は、男性が、本命女性とそうでない女性とのあいだにつける「対応の差」をご紹介します。

彼の行動を振り返って、彼にとってあなたが本命なのかどうかを見極めてくださいね。

ここをチェック!彼にとってあなたが「本命かキープか」を見極めるポイント4つ

1.デートの内容の計画性

男性は、本命女性に好まれるための努力は惜しみません。

デートで失敗しないようしっかりと下調べをしたり、印象に残るサプライズを計画したりします。

そのため、デートの内容がどの程度考えられたものなのかによって、男性の本気度を測ることができます。

たとえば、食事デートの場合、料理が美味しいのか、お店の雰囲気はどうなのか、サービスはどうか……といった部分が、デートの成功度合いを左右するもの。

本命女性とのデートなら、「お店の選択で失敗をしたくない」と考えるため、彼が「初めて行くお店」を選択することは少ないでしょう。

彼が「ここ、来たことがあるんだ」と言うお店に連れて行ってくれたら、本命と思われているかも。

一方で、デートで新しいお店に積極的に連れていかれる女性は、「本命のための下見に付き合わされている」可能性があります。

2.デートの時間の長さ

男性は、本命女性と会う時間は非常に大切にするもの。

一方で、本命ではない女性とのデートは、短くなる傾向にあります。

たとえば、映画館で映画を観て、そのまま改札まで見送って解散だったり、仕事おわりにディナーを食べてすぐに解散だったり……。

短時間やスキマ時間でのデートばかり、という場合は、本命ではない可能性が高いです。

休みの日は本命女性とのデートに時間を使いたいけど、「ちょっと気になる」女性との関係もキープしておきたい……。

そういった場合、男性はついつい「スキマ時間」に、短めのデートを設定しがちなのです。

3.デート内容の「都合の良さ」

男性は本命女性には尽くすもの。

本命女性に対しては、「相手に好意を抱いてもらいたい」と考えますから、デート中の「配慮」を忘れません。

一方で、本命以外の女性についついやってしまいがちなのが、「男性自身が」楽しむことを目的としたデート設定です。

なぜなら、本命以外の女性と過ごす時間に対して男性は、「自分の時間が無駄にならないように」という意識を働かせてしまうからです。

彼の趣味に付き合わされると感じるデート内容だったり、彼ばかりに都合のいい待ち合わせ場所・日時だったりする場合は、あなたは本命ではないかも。

4.LINEの返信頻度と内容

男性は、本命女性に送るLINEには非常に気をつかうもの。

できるだけ読んでもらえそうな時間帯に送ったり、気をひくようなメッセージや写真にしたり……さまざまな工夫をするでしょう。

スタンプについても、相手の反応がよさそうなものを選ぶなど、「作戦」を立てて送る傾向にあります。

一方で、本命ではない女性に対しては、相手の都合を考えずに深夜にメッセージを送ったり、スタンプだけで済まそうとしたりします。

返事を返してもなかなか反応がない、なんてこともついやりがちです。

好きな男性とこのようなLINEのやり取りになってしまっている場合は、あなたは本命ではない可能性が……。

また、男性がLINEで敬語を使う場合は、距離を置きたい、もしくは警戒していることの表れです。

本命女性には基本的にそういうメッセージは送りませんし、二人のあいだにトラブルが起こったときも、誤解をされないように、直接の話し合いを求めてくるもの。

敬語LINEがきたら、それ以上押さないほうがよさそうです。

本命かどうか見抜いて!

男性は無意識のうちに、本命女性とそうでない女性とのあいだに、対応の差をつけてしまうもの。

今回のヒントを参考にして、彼のあなたへの「本気度」を見極めてみてくださいね。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)