好きな人に意地悪してしまうのは、なんだか子どもっぽいように思うかもしれません。

しかし、大人の男性でも同じことをしてしまう人は多いようです。

その理由はなんでしょうか?実際に男性たちに聞いてみました。

なぜ?男性が好きな女性に意地悪してしまう理由

実は照れていて素直になれないから

「好きな相手だったらたくさん話したいんだけど、ちょっと照れくさくって……。

素直に彼女との会話を楽しめればいいんだけど、話しながら目が合ったりするとついテンション上がって意地悪なこと言っちゃいがちです」(29歳/ジムインストラクター)

本当は普通に話したいけれど、照れくさい……。

そんな気持ちを落ち着かせたいために、意地悪を言ってしまう人もいるようです。

好きな相手ほど気分が上がり、照れくささと相まってつい意地悪をしてしまう、なんてパターンも。

会話の途中にいつも意地悪なことを言ってくる人は、本当は好きな人と話せて嬉しいのかもしれません。

普段とは違うギャップを見せたいから

「意地悪をしたあとにしっかりフォローすると、そのギャップで彼女からの評価があがるかもと思ってつい意地悪しちゃうんです。

自分でもずるいなとは思いつつ、どうにか相手に意識してもらいたくて」(26歳/広告代理店)

いわゆる、アメ(優しさ)とムチ(意地悪)。

自分の優しさをアピールしたいがために、意地悪をしてしまうのです。

「めんどくさい!」なんて女性の声も聞こえてきそうですが、これも男性なりの不器用なアピール方法のひとつ。

相手のことが好きであれば、優しく対応してあげましょう。

彼女が困っているようすを見たいから

「困った顔が自分的にはとってもかわいくて、ついついその顔見たさにちょっかいを出しちゃうんですよね。

いい加減嫌われないかちょっとびビビってます(笑)」(27歳/金融営業)

好きな人のいろいろな表情を見たいという気持ちは、誰しも感じてしまうもの。

また、男性の多くは女性の困った顔を可愛いと感じるのだそう。

そのため、わざと意地悪をして困らせてしまうようです。

意地悪をされたときは、あまり怒らずに困った顔をしておくのが正解なのでしょう。

彼のことが好きならば、広い心で対応しよう

好きな気持ちがあるがゆえに意地悪をしてしまう、そんな男性の本音はさまざまです。

むやみに目くじらを立てることなく、子どもっぽくて可愛いなという優しいまなざしと広い心で男性の意地悪を見守ってあげましょう。

(愛カツ編集部)