男性は好きな女性を前にすると、言葉にこそあまり出しませんが、態度や行動、しぐさで好意が丸わかりなところがあります。

でも、それがどこに表れるのかポイントを押さえておかないと、気づけずにスルーしたり、勘違いしてしまうことも少なくありません。

そうならないためには、どこに注目すればいいのでしょう?

そこで今回は、彼の血液型別に「本命とキープ相手への態度の違い」についてご紹介いたします。

「本命とキープ相手への態度の違い」

A型男性

……本命には口数が多くなる

A型の彼は慎重な性格なので、恋の成功を確信してから告白します。

傷つくのを恐れるため、負ける勝負はまずしないでしょう。

「好き!」と突っ走りはせず、きちんと見極めてから近づきます。

本命女性の前では基本的に無口なので、親しいはずなのに口数が少ないようなら脈アリでしょう。

一方で、キープ相手に対しては、緊張感がなく仲の良い友達のような接し方をするでしょう。

B型男性

……本命の力にはなる

B型の彼は、何事もマイペースに物事を運ぶタイプ。

気分屋が多く、その場の気分で行動に走ってしまいがち。

そのため、本命の女性が困っていると、何かと力を貸そうとしたり、やたらと相談事に乗ってくれるでしょう。

元来の話し上手である性格を活かして、相手を「褒め殺し」してくるようならド本命。

一方で、キープ相手に対しては扱いがかなり雑で、何かと下ネタまじりなイジり方までしてしまうかも。

O型男性

……本命にはヤキモチを焼く

O型の彼は、本命の女性に対してはかなり独占欲が強く、ヤキモチ焼きだと言えます。

好きな子に寄ってくる男子がいようものなら、メラメラとジェラシーを燃やすことでしょう。

それと同時に、彼は強い父性本能を持っています。

好きな人を守りたい、世話してあげたいという思いが強いと言えます。

一方で、キープ相手に対しては、他の男性と仲良くしていても知らん顔。

嫉妬の「しの字」も出してこないでしょう。

AB型男性

……本命の態度には心が揺れる

AB型の彼は、基本的に人とのつきあいが苦手で繊細なタイプ。

恋愛においても、ややクールに演じるところがあります。

本音を見せない彼には、少しツンデレな対応をしてみましょう。

動揺したとしたら、彼にとってあなたは本命。

心を揺らすとすぐに本心が見えるはず。

一方で、キープの女性が彼をイジったとしても、顔色一つ変えないでしょう。

彼が動揺しなければ脈ナシでしょう。

プラスで使える脈アリ判断!

彼と一緒に食事をするとき、注目して欲しいことがあります。

それは、彼の前のテーブルの上がどのような状態になっているのかということ。

グラスやカップなどがなく、前面がスッキリしていたとすれば、あなたに好意的だと言えます。

また、一緒にテーブル席に腰かけていてテーブルの上に物がなく、前面が開放されていたとすれば、あなたと会話をしたいという気持ちの表れなのです。

こちらもぜひ、脈アリ判断の1つとして使ってみてくださいね。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)