男性に「また会いたい」と思ってもらえるためには、印象に残る女性になれるかどうかが大事。

さりげなくいい印象を与えられると、自然と次のデートにもつがっていきやすくなります。

そこで今回は、男性の印象に残る女性になるコツをご紹介します。

また会いたい!男性の印象に残る女性になるには?

関心を示す

「会話をしていて、興味を持ってくれているのが伝わってくると、話すのがどんどん楽しくなってくる。そういう女の子は、気づくと気になる存在になっちゃってますね」(30歳・男性)

男性は、自分に関心や興味を示してくれる女性に好印象を持ちます。

男性の話に真剣に耳を傾けたり、いろいろと質問したりして、わかりやすく関心を示しましょう。

あなたも興味がある話題なのに、それが相手の男性に伝わっていなかったら意味がありません。

時には、前のめりな姿勢も見せておくことが大切ですよ。

隙を見せる

「ずっとガチガチな他人行儀な感じではなく、ちょっと緩い部分も見せてくれると、仲良くなりやすいです。踏み込める隙みたいなのがあるといいですね」(28歳・男性)

初対面の男性や、まだそれほど仲が深まっていない男性とは、少し気を張って接しますよね。

丁寧に接することは、大人のマナーとして大切ですが、あまりにも緊張してしまうのはNGです。

きちんとしようと心がけすぎて事務的な会話になってしまうと、男性は打ち解けていくきっかけをつかむことができません。

男性との距離を縮めたい気持ちがあるのなら、少し砕けた部分を見せたり、あなたから話題を振ってみたりしてください。

男性が入り込める隙を見せることで、良い印象を残せるようになるでしょう。

笑顔が大事

「たくさん笑ってくれる女性は、かなり印象が良くなりますよね。いつの間にか、もっと笑わせたいって気持ちになっていますからね」(27歳・男性)

やっぱり大事なのは笑顔。

どんなに彼の話に興味を示しても、表情がくもっていたら良い印象は持たれません。

会話をしている中で、たくさん笑ってくれる女性とは、男性も一緒にいて楽しいと感じます。

それだけ女性の笑顔は魅力的なものなのです。

緊張しているからといって、笑顔が少ないままでいると、「つまらなさそう」という印象しか残りませんよ!

共感を伝える

「自分の意見に共感してくれる女性は印象に残りやすいですね。考え方が似ている感じがするので、こちらも興味が湧いてきます。」(31歳・男性)

自分と共感する部分が多い人には、価値観や考え方が近い印象を受けます。

それは男女の関係にもいえることで、自分の考えに共感してくれる女性に好印象を持つ男性は多いもの。

自分の話に対して、女性から「わかります!」「そうなんですよね〜!」と言われると、親近感を覚えます。

うそをつく必要はないので、実際に共感するところがあったら、言葉にしてきちんと男性に伝えましょう。

会話を楽しめるかどうかがカギ!

まだお互いを知らない状態での会話は、言葉を選んだり表情が硬くなったりして、緊張してしまうものです。

でも、緊張したままでいると、男性の印象には残らないかもしれません。

相手の男性との距離を縮めたいと思ったら、今回ご紹介したコツを意識してみてください。

できるだけ自然体で男性との会話を楽しむことができれば、きっとあなたは「印象に残る女性」になっているでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)