「もう少しで交際できるかと思ったのに、彼がほかの子と付き合ってしまった」……こんな経験をしたことがある人もきっといるはず。

「選ばれたあの子と私、いったいどんな違いがあるの?」と思いますよね。

そこで今回は、「あと一歩のところで失敗してしまう女性の特徴」を3つご紹介します。 

いつも片思いで終わってしまう……。あと一歩のところで失敗してしまう女性の特徴

必要以上に「自分の過去の話」をする

「かわいいなって好印象だったのに、『昔、ホストにハマって大金つぎ込んだことがある』と言われてビックリ。俺の知らない世界に怖くなって、そっと距離を置きました」(30歳/営業)

「元カレネタはNG」とよく聞いたことがあるかもしれません。

実はそれ以外にも、「言わないほうがいいこと」ってたくさんあるのです。

たとえば、ホストにハマっていた、クラブに通っていた、自暴自棄な時期があった……など、本人からすれば過去の笑い話でも、相手はちょっと引いてしまうかも……。

過去の自分が、自分の足を引っ張るなんてもったいない! 

自分を知ってもらうことも大切ですが、喋りすぎには、注意しましょう。

底抜けに明るい態度

「アプリで知り合ったその子は、とにかく明るいタイプ。一緒にいて楽しかったんだけど、もはや俺の中で『友達』枠になってしまって。彼女から告白してくれたけれど、振ってしまいました」(27歳/製造)

明るい子は恋愛に有利かと思いきや、タイミングやアプローチ法を間違えると、友達止まりになることも。

また、ずっと明るい振る舞いばかりだと、「そこまで明るくない俺とは合わないんじゃないか」とか、「悩みを理解してもらえなさそう……」など、不安を感じる男性もいるようです。

明るさも持ちつつ、時には真剣な話もするなど、TPOに合わせた言動を心がけましょう。

好意を隠そうとする

好意を隠そうとする

「数回デートしたけれど、相手からの好意は感じられなかったんだよね。なので、ほかの子と付き合ったのですが、あとになって『○○くんのことが好きだったのに!』と言われた。悪い気はしなかったけれど、もう遅いよ……」(29歳/教育)

好きバレするのって恥ずかしいし、彼にスルーされたらと思うと怖いですよね。

でも本気で彼との交際を望むのなら、ある程度の好意は匂わせておくべきでしょう。

そうじゃないと、彼は「これは脈ナシだから次へ行こう」と、あなたを諦めてしまうかも……。

直接言うのが恥ずかしいなら、LINEで「○○さんといると楽しいです!」と一言送るだけでもOK。 

少しずつ気持ちを表現していきましょう!

好きな人と付き合うために……

「友達以上恋人未満な彼」と恋人同士になるには、女性らしさと好意をにじませることがポイント!

状況に合わせた朗らかさとおしとやかさ、そしてさりげなく恋心をアピールしてみてくださいね。

あとで後悔しないよう、できるかぎりのアプローチをしてみましょう!

(和/ライター)

(愛カツ編集部)