「あざとい」というと、あまりイメージは良くないかもしれませんが、この力を身につけている女性は、自己プロデュース力が高いとも言えるでしょう。

男性にとっても、「あざといは正義」なのかもしれません。

今回は、「あざとかわいい女性」に聞いた「確信犯的テクニック」を3つご紹介します。

「あざと女子」に聞いた!「確信犯的テクニック」3選

いつ見られてもいい姿でいる

「彼に見られていることに気づいていないふりで、自然体でかわいい私アピールですね。待ち合わせのときとか、デート中に彼がトイレに行ったときとか。

見られてないようで、じつは男性って遠くから見てるんですよ。デートの日は、家を出た瞬間から帰るまで、ずっと口角あげっぱなしですね」(23歳/歯科衛生士)

彼といるときは満面の笑顔だったのに、彼が席を外した瞬間、真顔に戻っていませんか?

彼が見ていないと思って気を抜いていたら、じつはガラスに写った真顔を彼に見られていた……なんてことはよくある話。

あざと女子たちは、彼が席を外している間だって気を抜きません。

たとえ彼が目の前にいなくても、デート中は気を抜かず「彼に見られてかわいい顔」をキープしておきましょう。

可愛い小物を持つ

「持っているだけで、自分がかわいく見える小物は必須ですね。ガーリーな手鏡とか、小ぶりなバッグとか。実用性よりも、デザインとかサイズ感が大事。

デートのとき、かわいらしい感じをアピールするのに使えます」(24歳/病院受付)

初心者でもトライしやすいのが、小物でかわいらしさを演出する方法です。

今までよりもガーリーで、女子力高めなアイテムをそろえておきましょう。

食事のあとに、彼の前でかわいらしい手鏡を見ながら口紅をなおしてみる、といった具合に実践します。

女子力の高さをアピールすると同時に、小動物的なかわいさを作り出してみましょう。

天然を装う

「好きな人の前では、あえてちょっと抜けたところを見せますね。天然っぽく振る舞ってみたり、難しい話はなるべく避けたり。

ちょっと抜けてるぐらいの方が安心できるのか、男性の反応がいい実感があります」(25歳/美容クリニック勤務)

完璧な女性を前にすると、男性も緊張してしまうもの。

あなたが持つ聡明さも、ときには隠した方が有利なこともあるようです。

無理に自分をおろかに見せる必要はありませんが、彼がリラックスできるような隙を残しておくのがポイント。

安心して話せる相手だと思ってもらうには、賢さよりも隙が必要なようです。

戦略的に「かわいい」を仕込む

「あざとかわいい」というと、なんだかずる賢いことだと思っていませんか?

あざとさは、戦略的にかわいさを演出する方法。

いうなれば、自己分析の末の自己表現です。

自分を知り、より魅力的に見せることを恥ずかしがらず、堂々と「あざとかわいく」いきましょう♡

(愛カツ編集部)