彼氏のことをどれだけ好きだとしても何かしらの不満を感じたことがある人って、いるのではないでしょうか。

「まあ我慢できるかな」と思うような小さな不満から、「絶対に直してほしい……」と思うような大きな不安まで。

それらを溜め込んでしまうのは、彼氏にとっても、そしてあなたにとってもよくありません。

彼氏への不満があるなら、自分の気持ちを伝えて理解してもらうべきです。

今回は「彼氏に抱いている不満を、上手に伝える方法」を紹介します。

彼彼氏に抱いている不満を、じょうずに伝える方法とは

「ムカついた」を言い換えて伝える

「不満を感じたときって、我慢せずに相手に伝えるのがベストだと思います。伝えるときは相手を攻撃するのではなく、あくまでも彼の言動に対して抱いた違和感について冷静に伝えるのがいいですよ。『ムカついた』と言いたいところを『悲しかった』と言い換えて……。

彼がいかに私の不満を、スッと受け入れられるかに重点を置いて、言葉を選んで伝えています」(29歳女性/美容師)

不満を伝えるとき、言葉の選び方を間違えてしまうと、ただのケンカへと発展してしまうでしょう。

彼にケンカをふっかけるような言葉を選んでしまうのはタブーです。

相手がスッと受け取ってくれるような言葉に置き換えて、不満を伝えるようにしましょう。

あなたが冷静になることで相手も冷静になり、あなたの気持ちを理解しやすくなるはずです。

気持ちを電話か対面で伝える

「彼女からたまに僕に対しての不満がLINEで送られてくるんですけど、すごく冷たく感じるんですよね。よっぽど怒ってるのかと思い電話をかけてみたところ、直接しゃべればそこまで険悪な雰囲気にもならず……。

文字だと相手のテンションがわからないので、できれば電話で伝えてもらえるとありがたいです。感情もよくわかるし」(27歳男性/公務員)

プラスな内容でない場合は、LINEで気持ちを伝えるのは避けたほうがよいでしょう。

軽い不満であったとしても文章だけでは自分の温度感が伝わりづらく、逆に彼を怒らせてしまうなんてケースもあるみたい。

彼に不満を伝えたい場合は、電話を使ってあなたの声色を伝えながらがベストですよ。

どうしてほしかったのか、気持ちを具体的に伝える

どうしてほしかったのか、気持ちを具体的に伝える

「男って女性ほど空気が読めないというか1から10まで説明してもらわないと、ものごとの本質がわからないってときがあるんです。だから彼女にも僕に対して不満があるときは、きちんと伝えてほしいって言ってますよ。

『嫌だ』とか『いらいらする』とかネガティブな言葉を並べられるだけだと、気持ちがわからないんで……。なんで不満に感じたのかを具体的に教えてもらえるようにお願いしてから、ケンカすることが減ったように感じます」(30歳男性/会社員)

彼に対して不満を伝えたいときはただネガティブな言葉を並べるのではなく、具体的に「どうしてほしかったのか」を伝えることが大切。

彼氏自身も自分で改善しなければいけないことがわかり、余計にケンカすることもなくなるはずです。

不満の伝え方を工夫して

相手に対して、少なからず不満を抱くのは自然なことでしょう。

相手に不満を伝えることが悪いのではなく、不満の伝え方に工夫をしないことがトラブルの原因となってしまうのです。

伝える手段や言葉を選んで、彼に不満をきちんと理解してもらえるよう工夫していきましょう。

(愛カツ編集部)