LINEのやりとりも続いていたし、デートも何回か重ねた。

「次会ったときに告白されるかも!」と思っていたのに、なぜかそのままフェードアウト……。

そんな女性には、男性が身を引いてしまうような原因があるのかも。

今回は、「本命になれない惜しい女性」がやりがちなことをご紹介します。

もうちょっとなのに…「本命になれない惜しい女性」がやりがちなこととは

試すような発言をする

「もう交際直前ってときに『仕事が忙しい』とか『元カレに泣かされてトラウマ』って言われると萎える。だったらいまのうちに、関係を終わりにしておこうって思うかも」(24歳/教育)

いざ「交際のチャンス」が目の前にくると、急に不安になる人もいるはず。

そのため、つい彼を試すような発言をしがち。

こんなときは、まだ引き返せる段階だからこそ、男性も「じゃあこれ以上関わるのはやめておこう」と身を引いてしまうようです。

「幸せすぎて怖い」「彼とは性格が合わないかも」などなにかと不安は尽きないかもしれませんが、彼が好きならもっと自分に素直になって!

じゃないと最悪の結末を迎えることになるかも……。

彼女ヅラをしがち

「何回かデートをして、俺も結構気になっていたんだけど……。途中からすぐに返信しないと怒ったり、突然電話してくるなどの『彼女ヅラ』が目立つようになった。

交際前からこれだと、さすがに重いなって思いましたね」(25歳/接客)

彼に気を許しはじめると、独占欲を全面に出したくなりますよね。

でも距離感をわきまえない言動が「この子ないわ……」とマイナスにつながりがちです。

たとえイイ感じだったとしても、彼女面はNG!

むしろ交際前のじれったい関係を楽しんだほうが、より彼をキュンとさせられるはず。

他の男性の影をチラつかせる

「せっかくデートしているのに、目の前でLINEをする子はイヤだな。第一印象はよくても、『そういうタイプか』って冷めちゃう。ないがしろにされている気になりますね」(29歳/物流)

両思いなのに彼が行動に移してくれないのなら、軽く男性の影を匂わせるのはアリかもしれません。

でもまだお付き合いするかどうかもわからない状況で、むやみにモテアピールをするのは危険かも……。

「男だったら誰でもいいの?」「そんなチャラいと思わなかった」と勝手に幻滅されるおそれがあります。

第三者からの嫉妬や不安をあおるのではなく、今は彼と真正面から向き合うべき。

変な小細工をしないほうが、覚悟を決めた彼からの告白が期待できるでしょう。

自然体で接してみて

彼を意識しすぎた行動が、かえって恋を遠ざけてしまうこともあるようです。

なにごともやりすぎず自然体で接したほうが、彼の本命になれる率はアップするはず。

気持ちが暴走しすぎないよう、自己コントロールをしっかりしたいものですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)